OSS Fan ~OSSでLinuxサーバ構築~

作成日: 2013/09/04
更新日: 2013/09/07

OSSでLinuxサーバ構築

Oracle11gR2で制御ファイルを再配置

トップページOSSでLinuxサーバ構築 > Oracle11gR2で制御ファイルを再配置
このエントリーをはてなブックマークに追加

概要

解説

 Oracleの制御ファイルのLinux上の配置場所を変更します。

サーバ構成

OSバージョン

Red Hat Enterprise Linux 5.5 x86_64

パッケージ一覧

Oracle Database 11g Release 2 (11.2.0.3.0)

変更点

■変更前の制御ファイルパス
 /data/oracle/hoge/und00/control_00.ctl
 /data/oracle/hoge/und01/control_01.ctl

■変更後の制御ファイルパス
 /data/oracle/hoge/red00/control_00.ctl
 /data/oracle/hoge/red01/control_01.ctl

手順

(1) SQL*PlusでOracleに接続

 SQL*Plusを使用してローカル接続でSYSDBA権限でOracleインスタンス hoge に接続します。

# su - oracle
$ export ORACLE_SID=hoge ←インスタンス名
$ sqlplus /nolog

SQL*Plus: Release 11.2.0.2.0 Production on 木 4月 5 16:56:18 2012

Copyright (c) 1982, 2010, Oracle. All rights reserved.

SQL > connect / as sysdba
接続されました。

(2) 変更前の設定を確認

 Oracleの制御ファイルに関するパラメータを表示して、現在のパスを確認します。

SQL hoge > show parameter control_files

NAME                                 TYPE
------------------------------------ ---------------------------------
VALUE
------------------------------
control_files                        string
/data/oracle/hoge/und00/con
trol_00.ctl, /data/oracle/hoge
/und01/control_01.ctl

(3) SPFILEの書き換え

 SPFILEに記録されている制御ファイルのパスを変更します。 scope=spfile と指定した場合は、次回Oracleインスタンス起動時から 変更が有効になります。

SQL hoge > alter system set control_files='/data/oracle/hoge/red00/control_00.ctl',
  2  '/data/oracle/hoge/red01/control_01.ctl' scope=spfile;

システムが変更されました。

(4) Oracleインスタンスの停止

 Oracleインスタンスを停止して、SQL*Plusを終了させます。

SQL hoge > shutdown immediate
データベースがクローズされました。
データベースがディスマウントされました。
ORACLEインスタンスがシャットダウンされました。
SQL hoge > exit
Oracle Database 11g Release 11.2.0.2.0 - 64bit Productionとの接続が切断されました。

(5) 制御ファイルを新しい場所へ移動

 制御ファイルをLinux上で新しい場所に移動します。

$ cd /data/oracle/hoge/und00/
$ mv control_00.ctl /data/oracle/hoge/red00/
$ cd /data/oracle/hoge/und01
$ mv control_01.ctl /data/oracle/hoge/red01/

(6) Oracleインスタンスの起動

 SQL*Plusを使用してOracleインスタンスを起動します。 このとき新しい場所の制御ファイルを読み込んでOracleは起動されます。

$ sqlplus /nolog

SQL*Plus: Release 11.2.0.2.0 Production on 木 4月 5 17:03:02 2012

Copyright (c) 1982, 2010, Oracle.  All rights reserved.

SQL  > connect / as sysdba
接続されました。
SQL hoge > startup
ORACLEインスタンスが起動しました。

Total System Global Area 3423965184 bytes
Fixed Size                  2231288 bytes
Variable Size             704644104 bytes
Database Buffers         2701131776 bytes
Redo Buffers               15958016 bytes
データベースがマウントされました。
データベースがオープンされました。

(7) 変更後の設定を確認

 念のためSPFILEの制御ファイル名(パス)に関する設定を確認しておきます。 確認が終わったらSQL*Plusを終了します。

SQL hoge > show parameter control_files

NAME                                 TYPE
------------------------------------ ---------------------------------
VALUE
------------------------------
control_files                        string
/data/oracle/hoge/red00/con
trol_00.ctl, /data/oracle/hoge
/red01/control_01.ctl
SQL hoge > exit
Oracle Database 11g Release 11.2.0.2.0 - 64bit Productionとの接続が切断されました。

プロフィール

らのっち

損害保険会社のIT企画部に勤務するSEです。OSSを勉強中です。

<所属>
日本PostgreSQLユーザ会とくしまOSS普及協議会

■■■ 当サイトは Internet Explorer 11 と Mozilla Firefox 43 で動作確認済みです。 ■■■