OSS Fan ~OSSでLinuxサーバ構築~

作成日: 2013/09/04
更新日: 2013/09/07

OSSでLinuxサーバ構築

Oracle11gR2でオンラインREDOログを再配置

トップページOSSでLinuxサーバ構築 > Oracle11gR2でオンラインREDOログを再配置
このエントリーをはてなブックマークに追加

概要

解説

 OracleのオンラインREDOログのLinux上の配置場所を変更します。

サーバ構成

OSバージョン

Red Hat Enterprise Linux 5.5 x86_64

パッケージ一覧

Oracle Database 11g Release 2 (11.2.0.3.0)

変更点

■変更前のオンラインREDOログファイルパス
 /data/oracle/hoge/redo01.log
 /data/oracle/hoge/redo02.log
 /data/oracle/hoge/redo03.log

■変更後のオンラインREDOログファイルパス
 /data/oracle/hoge/red00/redo01.log
 /data/oracle/hoge/red00/redo02.log
 /data/oracle/hoge/red00/redo03.log

手順

(1) SQL*PlusでOracleに接続

 SQL*Plusを使用してローカル接続でSYSDBA権限でOracleインスタンス hoge に接続します。

# su - oracle
$ export ORACLE_SID=hoge ←インスタンス名
$ sqlplus /nolog

SQL*Plus: Release 11.2.0.2.0 Production on 木 4月 5 16:56:18 2012

Copyright (c) 1982, 2010, Oracle. All rights reserved.

SQL > connect / as sysdba
接続されました。

(2) Oracleインスタンスの停止

 Oracleインスタンスを停止して、SQL*Plusを終了させます。

SQL hoge > shutdown immediate
データベースがクローズされました。
データベースがディスマウントされました。
ORACLEインスタンスがシャットダウンされました。
SQL hoge > exit
Oracle Database 11g Release 11.2.0.2.0 - 64bit Productionとの接続が切断されました。

(3) オンラインREDOログファイルを新しい場所へコピー

 オンラインREDOログファイルをLinux上で新しい場所へコピーします。

$ cd /data/oracle/hoge/
$ cp -piv redo0* /data/oracle/hoge/red00/

(4) OracleをMOUNT状態で起動

 再度SQL*Plusを使用してローカル接続でSYSDBA権限でOracleインスタンス hoge に接続します。 OracleインスタンスをMOUNT状態で起動します。

$ sqlplus /nolog

SQL*Plus: Release 11.2.0.2.0 Production on 木 4月 5 17:03:02 2012

Copyright (c) 1982, 2010, Oracle. All rights reserved.

SQL > connect / as sysdba
接続されました。
SQL hoge > startup mount
ORACLEインスタンスが起動しました。

Total System Global Area 3423965184 bytes
Fixed Size                  2231288 bytes
Variable Size             704644104 bytes
Database Buffers         2701131776 bytes
Redo Buffers               15958016 bytes
データベースがマウントされました。

(5) オンラインREDOログファイル名を変更

 Oracle上でREDOログファイルの名前(パス)を変更します。

SQL hoge > alter database rename file '/data/oracle/hoge/redo01.log',
  2  '/data/oracle/hoge/redo02.log', '/data/oracle/hoge/redo03.log'
  3  to '/data/oracle/hoge/red00/redo01.log',
  4  '/data/oracle/hoge/red00/redo02.log', '/data/oracle/hoge/red00/redo03.log';

データベースが変更されました。

(6) データベースをオープンする

 REDOログファイルの変更が終わったらデータベースをMOUNT状態からOPEN状態に変更します。 変更が終わったらSQL*Plusを終了します。

SQL hoge > alter database open;

データベースが変更されました。

SQL hoge > exit

(7) 古いREDOログファイルの削除

 配置変更前の古いREDOログファイルを削除します。

$ cd /data/oracle/hoge/
$ rm -f ./redo0*

プロフィール

らのっち

損害保険会社のIT企画部に勤務するSEです。OSSを勉強中です。

<所属>
日本PostgreSQLユーザ会とくしまOSS普及協議会


第000414号