OSS Fan ~OSSでLinuxサーバ構築~

作成日: 2013/06/08

OSSでLinuxサーバ構築

Oracle RAC構築のためのOracle Grid Infrastructure 11g R2インストール

トップページOSSでLinuxサーバ構築 > Oracle RAC構築のためのOracle Grid Infrastructure 11g R2インストール
このエントリーをはてなブックマークに追加

構成

想定環境

 Oracle Database 11g R2をインストールするサーバ構成を以下の通りとしました。 開発環境などを想定した最低限の構成としています。

 Linux、Oracle製品をインストールするディスクの構成は以下の通りです。

 データベースを格納するディスクの構成は以下の通りです。

サーバ構成

OSバージョン

Red Hat Enterprise Linux 5.9 64bit

ソフトウェア一覧

Oracle Database 11g Release 2 (11.2.0.3.0) for Linux x86-64
Oracle Database 11g Release 2 Grid Infrastructure (11.2.0.3.0) for Linux x86-64

サーバ構築

設定

ASMディスクの作成

 ASMのディスク・グループとして構成させるためのディスクを準備します。 まずはASMを利用するための初期化処理を行います。 その後実際にディスクをASMディスクとして初期化します。 ASM用のディスクは共有ディスク上に存在しているため、 ディスクの初期化はDBサーバ#1からのみ実行します。

※DBサーバ#1で実行する※
# oracleasm configure -i
Configuring the Oracle ASM library driver.

This will configure the on-boot properties of the Oracle ASM library
driver.  The following questions will determine whether the driver is
loaded on boot and what permissions it will have.  The current values
will be shown in brackets ('[]').  Hitting  without typing an
answer will keep that current value.  Ctrl-C will abort.

Default user to own the driver interface []: grid
Default group to own the driver interface []: asmadmin
Start Oracle ASM library driver on boot (y/n) [n]: y
Scan for Oracle ASM disks on boot (y/n) [y]: y
Writing Oracle ASM library driver configuration: done
You have new mail in /var/spool/mail/root
# oracleasm init
Creating /dev/oracleasm mount point: /dev/oracleasm
Loading module "oracleasm": oracleasm
Mounting ASMlib driver filesystem: /dev/oracleasm
# fdisk /dev/sdc
# fdisk /dev/sdd
# oracleasm createdisk DISK1 /dev/sdc1
Writing disk header: done
Instantiating disk: done
# oracleasm createdisk DISK2 /dev/sdd1
Writing disk header: done
Instantiating disk: done
# oracleasm listdisks
DISK1
DISK2

 DBサーバ#2でも同様にASMを利用するための初期化処理を行います。 ただし、ASMディスクとしての初期化は行わず、DBサーバ#1で初期化した ASMディスクをスキャンして認識させる処理を行います。

※DBサーバ#2で実行する※
# oracleasm configure -i
Configuring the Oracle ASM library driver.

This will configure the on-boot properties of the Oracle ASM library
driver.  The following questions will determine whether the driver is
loaded on boot and what permissions it will have.  The current values
will be shown in brackets ('[]').  Hitting  without typing an
answer will keep that current value.  Ctrl-C will abort.

Default user to own the driver interface []: grid
Default group to own the driver interface []: asmadmin
Start Oracle ASM library driver on boot (y/n) [n]: y
Scan for Oracle ASM disks on boot (y/n) [y]: y
Writing Oracle ASM library driver configuration: done
# oracleasm init
Creating /dev/oracleasm mount point: /dev/oracleasm
Loading module "oracleasm": oracleasm
Mounting ASMlib driver filesystem: /dev/oracleasm
# oracleasm scandisks
Reloading disk partitions: done
Cleaning any stale ASM disks...
Scanning system for ASM disks...
Instantiating disk "DISK1"
Instantiating disk "DISK2"

 LinuxでGUI環境(X Window System)を起動します。 X Window SystemはTeraTermからは起動できないので、Linuxのコンソールなどで実行してください。 なお、ランレベル5でLinuxを起動している場合はこの手順は不要です。

# startx

 ターミナル上で以下のコマンドを実行します。

# mount /dev/cdrom /media/cdrom
mount: ブロックデバイス /dev/cdrom は書き込み禁止です。読込み専用でマウントします
# xhost +
access control disabled. clients can connect from any host
# su - orace
$ xhost +
access control disabled. clients can connect from any host
$ /media/cdrom/grid/runInstaller

Software Updateのダウンロード

 [ソフトウェア更新のスキップ]をチェックして、[次へ]ボタンをクリックします。

インストール・オプションの選択

 [クラスタ用のOracle Grid Infrastructureのインストールおよび構成]が選択されていることを確認して[次へ]ボタンをクリックします。

インストール・タイプ

 [拡張インストール]を選択して、[次へ]ボタンをクリックします。

製品の言語

 選択された言語の欄に[日本語]と[英語]が表示されていることを確認して、[次へ]ボタンをクリックします。

Gridプラグ・アンド・プレイの情報

 [GNSの構成]チェックボックスのチェックを外して、[クラスタ名]、[SCAN名]、[SCANポート]を以下の通り入力し、[次へ]ボタンをクリックします。

クラスタ名rac-cls1
SCAN名rac-scan1
SCANポート1521

クラスタ・ノードの情報

 [編集]ボタンをクリックします。

 [パブリック・ホスト名]と[仮想ホスト名]を以下の通り入力し、[OK]ボタンをクリックします。

パブリック・ホスト名rac-node1
仮想ホスト名rac-vip1

【No image】

 [追加]ボタンをクリックします。

【No image】

 「クラスタ・ノードの情報の追加」画面が表示されたら[パブリック・ホスト]と[仮想ホスト名]を以下の通り入力し、[OK]ボタンをクリックします。

パブリック・ホスト名rac-node2
仮想ホスト名rac-vip2

 [SSH接続]ボタンをクリックします。

 [OSパスワード]にgridユーザのパスワードを入力し、[設定]ボタンをクリックします。

 2台のクラスタ・ノード間でSSH接続に成功したことを確認できたら、[OK]ボタンをクリックします。

 [次へ]ボタンをクリックします。

ネットワーク・インタフェースの使用方法の指定

 [インタフェース名]、[サブネット]、[インタフェース・タイプ]が以下の通りとなっていることを確認し、[次へ]ボタンをクリックします。

インタフェース名サブネットインタフェース・タイプ
eth0192.168.10.0パブリック
eth1192.168.20.0プライベート
eth2192.168.0.0使用しない

記憶域オプション

 [Oracle自動ストレージ管理(Oracle ASM)]が選択されていることを確認し、[次へ]ボタンをクリックします。

ASMディスク・グループの作成

 ディスクグループ名は識別できる名前であれば何でも良いので、デフォルトのまま『DATA』としておきます。
 今回は開発環境想定なので冗長性は最低限必要なレベルのみ確保するため、『外部』とします。通常ディスクをRAID構成とするなど、 Oracle以外の機能で冗長性を確保している場合にこれを選択します。 外部で冗長性を確保せずにこの値を選択した場合は、一つのディスクの故障でデータが消失してしまうので、 通常はRAIDなど外部で冗長性を確保するか、ディスクを3本以上準備して[冗長性]に『通常』を選択してください。
 ディスクの追加ではASM用に準備したディスクが2つデフォルトで表示されているのでこれを選択し、[次へ]ボタンをクリックします。

ディスク・グループ名DATA
冗長性○高
○通常
●外部
AUサイズ1MB
ディスクの追加■ORCL:DISK1 20473MB 候補
■ORCL:DISK2 20473MB 候補

ASMパスワードの指定

 SYSとASMSNMPユーザのパスワードは簡略化のため同じパスワードを設定します。 [これらのアカウントごとに、同じパスワードを使用]を選択して、[パスワードの指定]と[パスワードの確認]に 同じパスワードを入力し、[次へ]ボタンをクリックします。

障害の分離のサポート

 [Intelligent Platform Management Interface(IPMI)を使用しない]が選択されていることを確認し、[次へ]ボタンをクリックします。

権限付きオペレーティング・システム・グループ

 以下の通り選択されていることを確認し、[次へ]ボタンをクリックします。

Oracle ASM DBA (ASMのOSDBA)グループasmdba
Oracle ASMオペレータ(ASMのOSOPER)グループasmoper
Oracle ASM管理者(OSASM)グループasmadmin

インストール場所の指定

 以下の通り設定されていることを確認し、[次へ]ボタンをクリックします。

Oracleベース/u01/app/grid
ソフトウェアの場所/u01/app/11.2.0/grid

インベントリの作成

 [インベントリ・ディレクトリ]が以下の通り設定されていることを確認し、[次へ]ボタンをクリックします。

インベントリ・ディレクトリ/u01/app/oraInventory

前提条件チェックの実行

 Oracle Grid Infrastructureをインストールするために必要な前提条件を満たしているか自動でチェックされます。

 チェックした結果、前提条件を満たしていない項目が表示されます。 前提条件を全て満たしている場合は、この画面は表示されません。

※前提条件を満たしていない場合にのみ表示

 前提条件を満たしていない場合は、[修正および再チェック]をクリックします。 例としてカーネルパラメータが条件を満たしていない場合の画面を表示しています。 このような場合は、自動で修正スクリプトが生成され、 それを実行することで設定を変更し、前提条件をクリアすることができます。 画面に表示されている通りのノードでスクリプトを実行します。 この場合、Oracleのインストーラとは別にターミナルを起動し、そこでスクリプトを実行します。

※前提条件を満たしていない場合にのみ表示

 前提条件を満たしていない場合で、かつスクリプトの実行指示が表示された場合にのみ実行してください。

※DBサーバ#1で実行する※
# /tmp/CVU_11.2.0.3.0_grid/runfixup.sh
Response file being used is :/tmp/CVU_11.2.0.3.0_grid/fixup.response
Enable file being used is :/tmp/CVU_11.2.0.3.0_grid/fixup.enable
Log file location: /tmp/CVU_11.2.0.3.0_grid/orarun.log
uid=501(grid) gid=501(oinstall) 所属グループ=501(oinstall),504(asmadmin),505(asmdba),506(asmoper)
※DBサーバ#2で実行する※
# /tmp/CVU_11.2.0.3.0_grid/runfixup.sh
Response file being used is :/tmp/CVU_11.2.0.3.0_grid/fixup.response
Enable file being used is :/tmp/CVU_11.2.0.3.0_grid/fixup.enable
Log file location: /tmp/CVU_11.2.0.3.0_grid/orarun.log
uid=501(grid) gid=501(oinstall) 所属グループ=501(oinstall),504(asmadmin),505(asmdba),506(asmoper)

 「修正スクリプトの実行」画面で[OK]ボタンをクリックします。

 前提条件のチェックが再実行されます。

※前提条件を満たしていない場合にのみ表示

サマリー

 前提条件を満たしていた場合、これまで選択してきたインストール 情報が一覧で表示されます。

 スクロールして情報を確認します。
 また、念のためインストール情報をレスポンス・ファイルとして保存しておきます。 レスポンス・ファイルは、Oracleをサイレントインストールする時に使用するもので、 インストールオプションのレシピが書かれたテキストファイルです。 正常にインストールが完了した場合はあまり必要ありませんが、 あとからインストールで選択したオプションを見たい場合に備えて保存しておきます。 [レスポンス・ファイルの保存]ボタンをクリックします。

 保存場所は、デフォルトではgridユーザのホームディレクトリ(/home/grid)が選択されています。 特に問題ないのでここにそのまま保存します。ファイル名も変更できますが、デフォルトの grid.rsp のままとしておきます。 [保存]ボタンをクリックします。

 元の「サマリー」画面に戻ったら、[インストール]ボタンをクリックします。

製品のインストール

 指定した情報に従って、製品のインストールが開始されます。

 インストールが進むと、終盤に「構成スクリプトの実行」画面が表示されます。 ターミナルを開いて、DBサーバ#1、DBサーバ#2の順で指定されたスクリプトを実行します。 スクリプトの実行にはやや時間がかかりますが、2台同時に実行してはいけません。

※DBサーバ#1で実行する※
# /u01/app/oraInventory/orainstRoot.sh
権限を変更中 /u01/app/oraInventory.
グループの読取り/書込み権限を追加中。
全ユーザーの読取り/書込み/実行権限を削除中。

グループ名の変更 /u01/app/oraInventory 宛先 oinstall.
スクリプトの実行が完了しました。
# /u01/app/11.2.0/grid/root.sh
Performing root user operation for Oracle 11g

The following environment variables are set as:
    ORACLE_OWNER= grid
    ORACLE_HOME=  /u01/app/11.2.0/grid

Enter the full pathname of the local bin directory: [/usr/local/bin]: ←[Enter]を押す
   Copying dbhome to /usr/local/bin ...
   Copying oraenv to /usr/local/bin ...
   Copying coraenv to /usr/local/bin ...


Creating /etc/oratab file...
Entries will be added to the /etc/oratab file as needed by
Database Configuration Assistant when a database is created
Finished running generic part of root script.
Now product-specific root actions will be performed.
Using configuration parameter file: /u01/app/11.2.0/grid/crs/install/crsconfig_params
Creating trace directory
OLR initialization - successful
  root wallet
  root wallet cert
  root cert export
  peer wallet
  profile reader wallet
  pa wallet
  peer wallet keys
  pa wallet keys
  peer cert request
  pa cert request
  peer cert
  pa cert
  peer root cert TP
  profile reader root cert TP
  pa root cert TP
  peer pa cert TP
  pa peer cert TP
  profile reader pa cert TP
  profile reader peer cert TP
  peer user cert
  pa user cert
Adding Clusterware entries to inittab
CRS-2672: Attempting to start 'ora.mdnsd' on 'oracleee-rac1'
CRS-2676: Start of 'ora.mdnsd' on 'oracleee-rac1' succeeded
CRS-2672: Attempting to start 'ora.gpnpd' on 'oracleee-rac1'
CRS-2676: Start of 'ora.gpnpd' on 'oracleee-rac1' succeeded
CRS-2672: Attempting to start 'ora.cssdmonitor' on 'oracleee-rac1'
CRS-2672: Attempting to start 'ora.gipcd' on 'oracleee-rac1'
CRS-2676: Start of 'ora.cssdmonitor' on 'oracleee-rac1' succeeded
CRS-2676: Start of 'ora.gipcd' on 'oracleee-rac1' succeeded
CRS-2672: Attempting to start 'ora.cssd' on 'oracleee-rac1'
CRS-2672: Attempting to start 'ora.diskmon' on 'oracleee-rac1'
CRS-2676: Start of 'ora.diskmon' on 'oracleee-rac1' succeeded
CRS-2676: Start of 'ora.cssd' on 'oracleee-rac1' succeeded

ASMは正常に作成され、起動しました。

ディスク・グループDATAは正常に作成されました。

clscfg: -install mode specified
Successfully accumulated necessary OCR keys.
Creating OCR keys for user 'root', privgrp 'root'..
Operation successful.
CRS-4256: Updating the profile
Successful addition of voting disk 95e1e87fa9074f8abf4aeab2c7085368.
Successfully replaced voting disk group with +DATA.
CRS-4256: Updating the profile
CRS-4266: Voting file(s) successfully replaced
##  STATE    File Universal Id                File Name Disk group
--  -----    -----------------                --------- ---------
 1. ONLINE   95e1e87fa9074f8abf4aeab2c7085368 (ORCL:DISK1) [DATA]
Located 1 voting disk(s).
CRS-2672: Attempting to start 'ora.asm' on 'oracleee-rac1'
CRS-2676: Start of 'ora.asm' on 'oracleee-rac1' succeeded
CRS-2672: Attempting to start 'ora.DATA.dg' on 'oracleee-rac1'
CRS-2676: Start of 'ora.DATA.dg' on 'oracleee-rac1' succeeded
CRS-2672: Attempting to start 'ora.registry.acfs' on 'oracleee-rac1'
CRS-2676: Start of 'ora.registry.acfs' on 'oracleee-rac1' succeeded
Configure Oracle Grid Infrastructure for a Cluster ... succeeded

 root.sh の実行にはやや時間がかかりますが、 必ずDBサーバ#1での実行が完了してからDBサーバ#2で実行してください。

※DBサーバ#2で実行する※
# /u01/app/oraInventory/orainstRoot.sh
権限を変更中 /u01/app/oraInventory.
グループの読取り/書込み権限を追加中。
全ユーザーの読取り/書込み/実行権限を削除中。

グループ名の変更 /u01/app/oraInventory 宛先 oinstall.
スクリプトの実行が完了しました。
# /u01/app/11.2.0/grid/root.sh
Performing root user operation for Oracle 11g 

The following environment variables are set as:
    ORACLE_OWNER= grid
    ORACLE_HOME=  /u01/app/11.2.0/grid

Enter the full pathname of the local bin directory: [/usr/local/bin]:  ←[Enter]を押す
   Copying dbhome to /usr/local/bin ...
   Copying oraenv to /usr/local/bin ...
   Copying coraenv to /usr/local/bin ...


Creating /etc/oratab file...
Entries will be added to the /etc/oratab file as needed by
Database Configuration Assistant when a database is created
Finished running generic part of root script.
Now product-specific root actions will be performed.
Using configuration parameter file: /u01/app/11.2.0/grid/crs/install/crsconfig_params
Creating trace directory
OLR initialization - successful
Adding Clusterware entries to inittab
CRS-4402: CSSデーモンが排他モードで開始されましたが、ノードoracleee-rac1、番号1のアクティブCSSデーモンが検出されたため中断します
An active cluster was found during exclusive startup, restarting to join the cluster
Configure Oracle Grid Infrastructure for a Cluster ... succeeded

 「構成スクリプトの実行」画面で[OK]ボタンをクリックすると、インストールが継続されます。

 インストールの最後に以下のようなエラーメッセージが出力されることがあります。 [詳細]ボタンをクリックします。

 詳細としてログファイルのパスが表示されるので、内容を確認します。 今回はSCANに関するエラーが表示されていましたが、先に進めます。 [OK]ボタンをクリックします。

 「製品のインストール」画面に戻るので、[スキップ]ボタンをクリックします。

 インストールに失敗した項目が[失敗]から[無視]に変わります。 [次へ]ボタンをクリックします。

 インストール中に一部の失敗をスキップして無視した場合、 最後に警告画面が表示されます。 [詳細]ボタンをクリックします。

 詳細情報を確認し、[はい]ボタンをクリックします。

終了

 以上でOracle Grid Infrastructureのインストールが終了しました。

設定

 rootユーザとgridユーザの環境変数を .bash_profile に設定します。

# cd /root/
# vi .bash_profile
ファイル名:/root/.bash_profile
※ファイルの末尾に追加※
export GRID_BASE=/u01/app/grid
export GRID_HOME=/u01/app/11.2.0/grid
export PATH=$PATH:$GRID_HOME/bin
# cd /home/grid/
# vi .bash_profile
ファイル名:/home/grid/.bash_profile
※ファイルの末尾に追加※
export GRID_BASE=/u01/app/grid
export GRID_HOME=/u01/app/11.2.0/grid
export PATH=$PATH:$GRID_HOME/bin

動作テスト

 Oracle ClusterwareとOracle ASMが起動していることを確認します。 psコマンドで表示した際に、「/u01/app/11.2.0/grid/bin/プロセス名」のプロセスが Oracle Clusterwareのプロセスです。 「asm_プロセス名_インスタンス名」のプロセスが Oracle ASMのバックグラウンドプロセスです。 (一部違ったらごめんなさい)

# ps -ef | grep grid
root      1659     1  0 23:24 ?        00:00:00 /u01/app/11.2.0/grid/bin/ologgerd -M -d /u01/app/11.2.0/grid/crf/db/oracleee-rac1
grid      3353     1  0 23:24 ?        00:00:00 /u01/app/11.2.0/grid/bin/oraagent.bin
grid      3702     1  0 23:24 ?        00:00:00 oracle+ASM1 (DESCRIPTION=(LOCAL=YES)(ADDRESS=(PROTOCOL=beq)))
root      6669     1  0 23:25 ?        00:00:03 /u01/app/11.2.0/grid/bin/orarootagent.bin
grid      7312     1  0 23:25 ?        00:00:00 /u01/app/11.2.0/grid/opmn/bin/ons -d
grid      7313  7312  0 23:25 ?        00:00:00 /u01/app/11.2.0/grid/opmn/bin/ons -d
grid      8203     1  0 23:25 ?        00:00:00 /u01/app/11.2.0/grid/bin/tnslsnr LISTENER_SCAN1 -inherit
grid      8921     1  0 23:25 ?        00:00:00 /u01/app/11.2.0/grid/bin/scriptagent.bin
grid      9083     1  0 23:25 ?        00:00:07 /u01/app/11.2.0/grid/jdk/jre//bin/java -server -Xcheck:jni -Xms128M -Xmx384M -Djava.awt.headless=true -Ddisable.checkForUpdate=true -Dstdstream.filesize=100 -Dstdstream.filenumber=10 -DTRACING.ENABLED=false -Doracle.wlm.dbwlmlogger.logging.level=INFO -Dport.rmi=23792 -jar /u01/app/11.2.0/grid/oc4j/j2ee/home/oc4j.jar -config /u01/app/11.2.0/grid/oc4j/j2ee/home/OC4J_DBWLM_config/server.xml -out /u01/app/11.2.0/grid/oc4j/j2ee/home/log/oc4j.out -err /u01/app/11.2.0/grid/oc4j/j2ee/home/log/oc4j.err
root     15456     1  0 23:19 ?        00:00:03 /u01/app/11.2.0/grid/bin/ohasd.bin reboot
root     17574     1  0 23:21 ?        00:00:04 /u01/app/11.2.0/grid/bin/orarootagent.bin
grid     18382     1  0 23:32 ?        00:00:00 /u01/app/11.2.0/grid/bin/tnslsnr LISTENER -inherit
grid     19054     1  0 23:22 ?        00:00:01 /u01/app/11.2.0/grid/bin/oraagent.bin
grid     19068     1  0 23:22 ?        00:00:00 /u01/app/11.2.0/grid/bin/mdnsd.bin
grid     19085     1  0 23:22 ?        00:00:00 /u01/app/11.2.0/grid/bin/gpnpd.bin
root     19108     1  0 23:22 ?        00:00:00 /u01/app/11.2.0/grid/bin/cssdmonitor
grid     19111     1  0 23:22 ?        00:00:01 /u01/app/11.2.0/grid/bin/gipcd.bin
root     19135     1  0 23:22 ?        00:00:00 /u01/app/11.2.0/grid/bin/cssdagent
grid     19149     1  0 23:22 ?        00:00:03 /u01/app/11.2.0/grid/bin/ocssd.bin 
root     19231     1  0 23:23 ?        00:00:00 /u01/app/11.2.0/grid/bin/octssd.bin
root     19261     1  0 23:23 ?        00:00:02 /u01/app/11.2.0/grid/bin/osysmond.bin
root     21283  5043  0 23:41 pts/1    00:00:00 grep grid
grid     21492     1  0 23:23 ?        00:00:00 asm_pmon_+ASM1
grid     21498     1  0 23:23 ?        00:00:00 asm_psp0_+ASM1
grid     21504     1  0 23:23 ?        00:00:00 asm_vktm_+ASM1
grid     21512     1  0 23:23 ?        00:00:00 asm_gen0_+ASM1
grid     21518     1  0 23:23 ?        00:00:00 asm_diag_+ASM1
grid     21523     1  0 23:23 ?        00:00:00 asm_ping_+ASM1
grid     21532     1  0 23:23 ?        00:00:00 asm_dia0_+ASM1
grid     21538     1  0 23:23 ?        00:00:00 asm_lmon_+ASM1
grid     21543     1  0 23:23 ?        00:00:00 asm_lmd0_+ASM1
grid     21548     1  0 23:23 ?        00:00:00 asm_lms0_+ASM1
grid     21556     1  0 23:23 ?        00:00:00 asm_lmhb_+ASM1
grid     21560     1  0 23:23 ?        00:00:00 asm_mman_+ASM1
grid     21564     1  0 23:23 ?        00:00:00 asm_dbw0_+ASM1
grid     21572     1  0 23:23 ?        00:00:00 asm_lgwr_+ASM1
grid     21578     1  0 23:23 ?        00:00:00 asm_ckpt_+ASM1
grid     21586     1  0 23:23 ?        00:00:00 asm_smon_+ASM1
grid     21592     1  0 23:23 ?        00:00:00 asm_rbal_+ASM1
grid     21599     1  0 23:23 ?        00:00:00 asm_gmon_+ASM1
grid     21606     1  0 23:23 ?        00:00:00 asm_mmon_+ASM1
grid     21614     1  0 23:23 ?        00:00:00 asm_mmnl_+ASM1
grid     21754     1  0 23:23 ?        00:00:00 asm_lck0_+ASM1
grid     21915     1  0 23:23 ?        00:00:00 oracle+ASM1 (DESCRIPTION=(LOCAL=YES)(ADDRESS=(PROTOCOL=beq)))
root     23081     1  0 23:23 ?        00:00:02 /u01/app/11.2.0/grid/bin/crsd.bin reboot
grid     23448     1  0 23:24 ?        00:00:00 /u01/app/11.2.0/grid/bin/evmd.bin
grid     23459     1  0 23:24 ?        00:00:00 oracle+ASM1_ocr (DESCRIPTION=(LOCAL=YES)(ADDRESS=(PROTOCOL=beq)))
grid     23465     1  0 23:24 ?        00:00:00 asm_asmb_+ASM1
grid     23469     1  0 23:24 ?        00:00:00 oracle+ASM1_asmb_+asm1 (DESCRIPTION=(LOCAL=YES)(ADDRESS=(PROTOCOL=beq)))
grid     24100 23448  0 23:24 ?        00:00:00 /u01/app/11.2.0/grid/bin/evmlogger.bin -o /u01/app/11.2.0/grid/evm/log/evmlogger.info -l /u01/app/11.2.0/grid/evm/log/evmlogger.log

プロフィール

らのっち

損害保険会社のIT企画部に勤務するSEです。OSSを勉強中です。

<所属>
日本PostgreSQLユーザ会とくしまOSS普及協議会


第000414号