OSS Fan ~OSSでLinuxサーバ構築~

作成日: 2013/05/13
更新日: 2013/05/14

OSSでLinuxサーバ構築

アーカイブログモードへの変更

トップページOSSでLinuxサーバ構築 > アーカイブログモードへの変更
このエントリーをはてなブックマークに追加

構成

想定環境

<準備中>

サーバ構成

OSバージョン

Red Hat Enterprise Linux 5.9 64bit

パッケージ一覧

なし

サーバ構築

設定

 oracleユーザにスイッチし、データベースにローカル接続します。

# su - oracle
$ sqlplus /nolog

SQL*Plus: Release 11.2.0.1.0 Production on Sun May 12 22:26:59 2013

Copyright (c) 1982, 2009, Oracle.  All rights reserved.

SQL> connect / as sysdba
Connected to an idle instance.

 マウント状態でインスタンスを起動します。

SQL> startup mount
ORACLE instance started.

Total System Global Area 1653518336 bytes
Fixed Size		    2213896 bytes
Variable Size		  973080568 bytes
Database Buffers	  671088640 bytes
Redo Buffers		    7135232 bytes
Database mounted.

 事前に設定を確認します。非アーカイブログモードになっています。 確認はどちらか一方のコマンドで大丈夫です。

SQL> archive log list
Database log mode	       No Archive Mode
Automatic archival	       Disabled
Archive destination	       USE_DB_RECOVERY_FILE_DEST
Oldest online log sequence     4
Current log sequence	       6
SQL> select log_mode from v$database;

LOG_MODE
------------
NOARCHIVELOG

 アーカイブログモードへ変更します。

SQL> alter database archivelog;

Database altered.

 変更後に再度設定を確認します。 アーカイブログモードに変わりました。

SQL> archive log list;
Database log mode	       Archive Mode
Automatic archival	       Enabled
Archive destination	       USE_DB_RECOVERY_FILE_DEST
Oldest online log sequence     4
Next log sequence to archive   6
Current log sequence	       6
SQL> select log_mode from v$database;

LOG_MODE
------------
ARCHIVELOG

 設定が終了したらデータベースをオープンします。

SQL> alter database open;

Database altered.

SQL> exit
Disconnected from Oracle Database 11g Release 11.2.0.1.0 - 64bit Production
$ exit
logout

動作テスト

 設定が終わったら、強制的にログスイッチを発生させて アーカイブログファイルが生成されることを確認します。 まずはログスイッチを発生させます。

# su - oracle
$ sqlplus /nolog

SQL*Plus: Release 11.2.0.1.0 Production on Mon May 13 22:44:17 2013

Copyright (c) 1982, 2009, Oracle.  All rights reserved.

SQL> connect / as sysdba
Connected.
SQL> alter system switch logfile;

System altered.

SQL> exit
Disconnected from Oracle Database 11g Release 11.2.0.1.0 - 64bit Production

 生成されたアーカイブログファイルを確認します。 インストール直後は『log_archive_dest』や『log_archive_dest_n』パラメータが設定されていません。 ごく一般的な構成ではフラッシュリカバリ領域内にアーカイブログファイルが生成されます。 例では『/u01/app/oracle/flash_recovery_area/インスタンス名/archivelog/yyyy_mm_dd/』内に生成されました。 (yyyy_mm_ddはアーカイブログが生成された年月日)

$ ls -lR /u01/app/oracle/flash_recovery_area/ORCL/archivelog/
/u01/app/oracle/flash_recovery_area/ORCL/archivelog/:
合計 4
drwxr-x--- 2 oracle oinstall 4096  5月 14 00:08 2013_05_13

/u01/app/oracle/flash_recovery_area/ORCL/archivelog/2013_05_13:
合計 8
-rw-r----- 1 oracle oinstall 5632  5月 13 22:46 o1_mf_1_8_8s1vplwf_.arc ←ファイルが生成された

プロフィール

らのっち

損害保険会社のIT企画部に勤務するSEです。OSSを勉強中です。

<所属>
日本PostgreSQLユーザ会とくしまOSS普及協議会

■■■ 当サイトは Internet Explorer 11 と Mozilla Firefox 43 で動作確認済みです。 ■■■