OSS Fan ~OSSでLinuxサーバ構築~

作成日: 2010/08/29
更新日: 2011/03/26

OSSでLinuxサーバ構築

Postfixインストール+初期設定

トップページOSSでLinuxサーバ構築 > Postfixインストール+初期設定
このエントリーをはてなブックマークに追加

構成

想定環境

サーバ構成

OSバージョン

CentOS release 5.5 (Final) 32bit

パッケージ一覧

postfix-2.3.3-2.1.el5_2.i386.rpm

クライアント構成

OSバージョン

Windows XP Professional Service Pack 3

ソフトウェア一覧

Outlook Express 6

サーバ構築

インストール

 初期状態ではsendmailというSMTPサーバが稼働しています。 まずはこのsendmailを停止し、自動起動の設定を解除します。
 次にSMTPサーバに必要なパッケージを1つインストールします。 DVDドライブにCentOS 5のDVD-ROMをセットし、以下のコマンドを実行します。

# /etc/rc.d/init.d/sendmail stop
Shutting down sm-client:                                   [  OK  ]
Shutting down sendmail:                                    [  OK  ]
# chkconfig sendmail off
# mount /dev/cdrom /media/cdrom
# cd /media/cdrom/CentOS/
# rpm -ihv postfix-2.3.3-2.1.el5_2.i386.rpm 
Preparing...                ########################################### [100%]
   1:postfix                ########################################### [100%]
# cd /
# umount /media/cdrom

設定

 イントラネットでメールを送信するための設定を行います。 基本的にはイントラネット内でのメール交換だけを目的としていますが、 普通にイントラ外のインターネットへもメールを送信することができます。 ただし、外部からのメールは受け取れません。

(1) MTAの選択

 Postfixをインストールした後はSMTPサーバとして SendmailとPostfixの2つが利用できる状態となっています。 このうちPostfixを利用するための設定を行います。

# alternatives --config mta

There are 2 programs which provide 'mta'.

  Selection    Command
========================================-------
*+ 1           /usr/sbin/sendmail.sendmail
   2           /usr/sbin/sendmail.postfix

Enter to keep the current selection[+], or type selection number: 2 ←2を入力

(2) SMTPサーバの設定

 viエディタで設定ファイル(main.cf)を開き、設定を変更します。

# cd /etc/postfix/
# vi main.cf
ファイル名:/etc/postfix/main.cf
※該当箇所のみ変更※
#myhostname = host.domain.tld
#myhostname = virtual.domain.tlc
   ↓変更
myhostname = mail.ranonet.ne.jp ←#を外して設定を変更
#myhostname = virtual.domain.tlc

#mydomain = domain.tld
   ↓変更
mydomain = ranonet.ne.jp ←#を外して設定を変更

#myorigin = $myhostname
#myorigin = $mydomain
   ↓変更
#myorigin = $myhostname
myorigin = $mydomain ←#を外す

#inet_interfaces = all
#inet_interfaces = $myhostname
#inet_interfaces = $myhostname, localhost
inet_interfaces = localhost
   ↓変更
inet_interfaces = all ←#を外す
#inet_interfaces = $myhostname
#inet_interfaces = $myhostname, localhost
#inet_interfaces = localhost ←#を付ける

mydestination = $myhostname, localhost.$mydomain, localhost
#mydestination = $myhostname, localhost.$mydomain, localhost, $mydomain
#mydestination = $myhostname, localhost.$mydomain, localhost, $mydomain,
#       mail.$mydomain, www.$mydomain, ftp.$mydomain
   ↓変更
#mydestination = $myhostname, localhost.$mydomain, localhost ←#を付ける
#mydestination = $myhostname, localhost.$mydomain, localhost, $mydomain
#mydestination = $myhostname, localhost.$mydomain, localhost, $mydomain,
#       mail.$mydomain, www.$mydomain, ftp.$mydomain
mydestination = $mydomain

#mynetworks = 168.100.189.0/24, 127.0.0.0/8
#mynetworks = $config_directory/mynetworks
#mynetworks = hash:/etc/postfix/network_table
   ↓変更
mynetworks = 192.168.0.0/24, 127.0.0.0/8 ←#を外して設定を変更
#mynetworks = $config_directory/mynetworks
#mynetworks = hash:/etc/postfix/network_table

#home_mailbox = Maildir/
   ↓変更
home_mailbox = Maildir/ ←#を外す

(3) メールディレクトリ作成

 main.cfでhome_mailboxにMaildir/を設定した場合は、各ユーザの ホームディレクトリ内に「Maildir」という名前のディレクトリが 必要となります。自動では作成されないため作成します。 Postfixを起動するとMaildir内に必要なディレクトリが作成されます。 また、新規ユーザ作成時に各ユーザ毎のMaildirが自動で作成されるように /etc/skel/ディレクトリにMaildirを作成します。

# cd /root/
# mkdir -m 700 Maildir
# cd /etc/skel/
# mkdir -m 700 Maildir

(4) SMTPサーバの起動ランレベル変更

 Postfixはインストールした状態でOSの起動に合わせてデーモンを 自動起動する設定になっているため設定の変更は不要です。
 以上で設定が終了しましたのでrcスクリプトを使用してデーモンを起動します。

# /etc/rc.d/init.d/postfix start
Starting postfix:                                          [  OK  ]

設定ファイル

 /etc/postfix/main.cf

クライアント設定

インストール

<準備中>

設定

<準備中>

動作テスト

<準備中>

利用方法

<準備中>

プロフィール

らのっち

損害保険会社のIT企画部に勤務するSEです。OSSを勉強中です。

<所属>
日本PostgreSQLユーザ会とくしまOSS普及協議会


第000414号