OSS Fan ~OSSでLinuxサーバ構築~

作成日: 2021/02/04

OSSセットアップ

AWS CLI バージョン2をCentOS 7.7へインストールして設定

トップページOSSセットアップ > AWS CLI バージョン2をCentOS 7.7へインストールして設定
このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

概要

 AWSのEC2インスタンスからECR(Elastic Container Registry)を利用するために EC2インスタンスで稼働するCentOS 7へAWS CLIのインストールを行いました。 2021/02/03時点でAWS CLIにはバージョン1とバージョン2があり、選択してイントールすることができます。 これから新規で利用するため、あえて古いバージョンをインストールする意味はないので、 バージョン2をインストールしました。

構成

サーバ・ハードウェア構成

サーバスペック

 サーバ環境はAWS(Amazon Web Services)のEC2インスタンスを利用しました。 参考までにサーバのスペックは以下のとおりです。

項目内容
AMI IDami-06a46da680048c8ae
AMI 名CentOS Linux 7 x86_64 HVM EBS ENA 2002_01-b7ee8a69-ee97-4a49-9e68-afaee216db2e-ami-0042af67f8e4dcc20.4
インスタンスタイプt3.medium
vCPU2
メモリ4GiB
ディスクSSD 40GiB
リージョンアジアパシフィック (東京)

サーバ・ソフトウェア構成

OS

CentOS Linux release 7.7.1908 (Core)

ソフトウェア

  • awscliv2.zip

環境構築

インストール

AWS CLIのインストールファイルのダウンロード

 AWS CLIのインストールファイルはzip形式で配布されていますので、 curlコマンドでダウンロードします。

# cd /media/
# mkdir installer
# cd installer/
# curl "https://awscli.amazonaws.com/awscli-exe-linux-x86_64.zip" -o "awscliv2.zip"
  % Total    % Received % Xferd  Average Speed   Time    Time     Time  Current
                                 Dload  Upload   Total   Spent    Left  Speed
100 33.6M  100 33.6M    0     0  94.4M      0 --:--:-- --:--:-- --:--:-- 94.3M
# ls -l
total 34504
-rw-r--r-- 1 root root 35328849 Feb  3 01:41 awscliv2.zip

AWS CLIのインストーラの解凍

 zipファイルを解凍しますが、利用した環境ではunzipコマンドがインストールされていなかったので 先にyumでインストールしたうえで解凍します。

# yum -y install unzip
Loaded plugins: fastestmirror, product-id, search-disabled-repos, subscription-manager

This system is not registered with an entitlement server. You can use subscription-manager to register.

Determining fastest mirrors
 * base: d36uatko69830t.cloudfront.net
 * extras: d36uatko69830t.cloudfront.net
 * updates: d36uatko69830t.cloudfront.net
base                                                                                             | 3.6 kB  00:00:00
docker-ce-stable                                                                                 | 3.5 kB  00:00:00
extras                                                                                           | 2.9 kB  00:00:00
updates                                                                                          | 2.9 kB  00:00:00
(1/2): updates/7/x86_64/primary_db                                                               | 4.7 MB  00:00:00
(2/2): docker-ce-stable/7/x86_64/primary_db                                                      |  55 kB  00:00:00
Resolving Dependencies
--> Running transaction check
---> Package unzip.x86_64 0:6.0-21.el7 will be installed
--> Finished Dependency Resolution

Dependencies Resolved

========================================================================================================================
 Package                    Arch                        Version                         Repository                 Size
========================================================================================================================
Installing:
 unzip                      x86_64                      6.0-21.el7                      base                      171 k

Transaction Summary
========================================================================================================================
Install  1 Package

Total download size: 171 k
Installed size: 365 k
Downloading packages:
unzip-6.0-21.el7.x86_64.rpm                                                                      | 171 kB  00:00:00
Running transaction check
Running transaction test
Transaction test succeeded
Running transaction
  Installing : unzip-6.0-21.el7.x86_64                                                                              1/1
  Verifying  : unzip-6.0-21.el7.x86_64                                                                              1/1

Installed:
  unzip.x86_64 0:6.0-21.el7

Complete!
# unzip awscliv2.zip
Archive:  awscliv2.zip
   creating: aws/
   creating: aws/dist/
  inflating: aws/README.md
  inflating: aws/install
  inflating: aws/THIRD_PARTY_LICENSES
   creating: aws/dist/_struct/
   creating: aws/dist/awscli/
   creating: aws/dist/botocore/
   creating: aws/dist/cryptography/
   creating: aws/dist/cryptography-2.8-py3.7.egg-info/
(中略)
  inflating: aws/dist/awscli/examples/ce/get-reservation-utilization.rst
  inflating: aws/dist/awscli/examples/ce/get-dimension-values.rst
  inflating: aws/dist/awscli/examples/ce/get-reservation-coverage.rst
  inflating: aws/dist/awscli/examples/ce/get-cost-and-usage.rst
  inflating: aws/dist/awscli/examples/ce/get-reservation-purchase-recommendation.rst
  inflating: aws/dist/awscli/examples/ce/get-tags.rst
   creating: aws/dist/cryptography/hazmat/
   creating: aws/dist/cryptography/hazmat/bindings/
  inflating: aws/dist/cryptography/hazmat/bindings/_constant_time.abi3.so
  inflating: aws/dist/cryptography/hazmat/bindings/_openssl.abi3.so

AWS CLIのインストールプログラムの実行

 zipファイルを解凍して生成されたAWS CLIのインストールプログラムを実行します。

# ./aws/install
You can now run: /usr/local/bin/aws --version

インストールされたAWS CLIのバージョン確認

 インストールが成功したことを確認するためにawsコマンドでバージョンを表示してみます。 以下のようにバージョンが表示されればインストールが成功しています。

# aws --version
aws-cli/2.1.22 Python/3.7.3 Linux/3.10.0-1062.12.1.el7.x86_64 exe/x86_64.centos.7 prompt/off

設定

アクセスキーの作成

 AWS マネジメントコンソールのIAMの画面でアクセスキーを作成します。 アクセスキーの作成場所は以下の画面の赤枠部分にあります。

AWS CLIの設定

 AWS CLIでAWSのリソースにアクセスするために、IAMの画面で事前に作成しておいたアクセスキーを登録します。

# aws configure
AWS Access Key ID [None]: HOGEHOGE123456789XYZ
AWS Secret Access Key [None]: exampleHOGEHOGE123456789abcdefghijklmnop
Default region name [None]: ap-northeast-1
Default output format [None]: json

設定されたデフォルトプロファイルの確認

 aws configureで設定した情報は、コマンドを実行したLinuxユーザのホームディレクトリ配下に テキストファイルとして保存されています。アクセスキー情報は管理に注意しましょう。

# cat /root/.aws/credentials
[default]
aws_access_key_id = HOGEHOGE123456789XYZ
aws_secret_access_key = exampleHOGEHOGE123456789abcdefghijklmnop
# cat /root/.aws/config
[default]
region = ap-northeast-1
output = json

参考にしたサイト