OSS Fan ~OSSでLinuxサーバ構築~

作成日: 2013/10/07

OSSでLinuxサーバ構築

rpmパッケージインストール時の警告を抑止

トップページOSSでLinuxサーバ構築 > rpmパッケージインストール時の警告を抑止
このエントリーをはてなブックマークに追加

概要

解説

 rpmコマンドでパッケージをインストールする際に 警告メッセージが出力されます。 インストール処理自体には影響ありませんが、 インストールの都度表示されて気になりますので、 表示されなくなるよう対応します。

 そもそもこれはインストール時にパッケージの署名を 検査されますが、必要な鍵がないために表示されます。 Red Hat社から提供されている鍵をインストールすることで 署名を検査できるようにし、エラーを抑止します。

サーバ構成

OSバージョン

Red Hat Enterprise Linux 5.9 x86_64

パッケージ一覧

RPM-GPG-KEY-redhat-release

手順

鍵のインストール前

 rpmコマンドでパッケージをインストールする際に警告が表示されます。 以下はRHEL5.9のDVDに同梱されているApacheをインストールする時を例に表示しています。

# rpm -ihv httpd-2.2.3-74.el5.x86_64.rpm
警告: httpd-2.2.3-74.el5.x86_64.rpm: ヘッダ V3 DSA signature: NOKEY, key ID 37017186 ←これ
準備中...                ########################################### [100%]
   1:httpd                  ########################################### [100%]

 警告が表示されましたが、インストール自体は問題なく完了します。

鍵のインストール

 インストールする鍵はRHEL5.9のDVDの中に同梱されています。 rpmコマンドで鍵をインポートします。

# rpm --import /media/cdrom/RPM-GPG-KEY-redhat-release
# rpm -qa | grep gpg-pubkey
gpg-pubkey-37017186-45761324

鍵のインストール後

 以下のように警告が表示されなくなります。

# rpm -ihv httpd-2.2.3-74.el5.x86_64.rpm
準備中...                ########################################### [100%]
   1:httpd                  ########################################### [100%]

※比較のため鍵のインストール後もApacheのパッケージを例に使用していますが、 鍵のインストール前にApacheのインストールが完了している場合は 重複してインストールされません。

プロフィール

らのっち

損害保険会社のIT企画部に勤務するSEです。OSSを勉強中です。

<所属>
日本PostgreSQLユーザ会とくしまOSS普及協議会

■■■ 当サイトは Internet Explorer 11 と Mozilla Firefox 43 で動作確認済みです。 ■■■