OSS Fan ~OSSでLinuxサーバ構築~

作成日: 2016/02/03

OSSでLinuxサーバ構築

RHEL 7.1でネットワークの設定、状態を確認する

トップページOSSでLinuxサーバ構築 > RHEL 7.1でネットワークの設定、状態を確認する
このエントリーをはてなブックマークに追加

概要

 Red Hat Enterprise Linux 6まででお馴染みだった ifconfig や netstat など、 ネットワーク関連のコマンドが、バージョン7から大きく変更になりました。 なかなか覚えられないので主なコマンドをリストアップしておきます。

構成

サーバ構成

OSバージョン

Red Hat Enterprise Linux 7.1 x86_64

ソフトウェア・パッケージ一覧

 以下のパッケージがインストールされていることが前提です。

  • iproute-3.10.0-21.el7.x86_64
  • NetworkManager-1.0.0-14.git20150121.b4ea599c.el7.x86_64

手順

 今回利用したサーバには2つのネットワークインタフェースが搭載されていますが、 『enp1s0』のみがLANケーブルに接続されている状態で以下のコマンドを実行しています。

ネットワークの状態確認

# nmcli networking
有効

ネットワークインタフェースの状態確認

■enp1s0がリンクアップしている時
# ip link
1: lo: <LOOPBACK,UP,LOWER_UP> mtu 65536 qdisc noqueue state UNKNOWN mode DEFAULT
    link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
2: enp4s0: <NO-CARRIER,BROADCAST,MULTICAST,UP> mtu 1500 qdisc pfifo_fast state DOWN mode DEFAULT qlen 1000
    link/ether bc:ee:7b:5f:e3:c1 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
3: enp1s0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc pfifo_fast state UP mode DEFAULT qlen 1000 ←リンクアップしている時はUPと表示
    link/ether 00:1b:21:61:aa:56 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff

■enp1s0がリンクダウンしている時
# ip link
1: lo: <LOOPBACK,UP,LOWER_UP> mtu 65536 qdisc noqueue state UNKNOWN mode DEFAULT
    link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
2: enp4s0: <BROADCAST,MULTICAST> mtu 1500 qdisc pfifo_fast state DOWN mode DEFAULT qlen 1000
    link/ether bc:ee:7b:5f:e3:c1 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
3: enp1s0: <BROADCAST,MULTICAST> mtu 1500 qdisc pfifo_fast state DOWN mode DEFAULT qlen 1000 ←リンクダウンしている時はDOWNと表示
    link/ether 00:1b:21:61:aa:56 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff

IPアドレス、MACアドレスの確認

 RHEL 6までは『ifconfig』で確認していました。

# ip a
1: lo: <LOOPBACK,UP,LOWER_UP> mtu 65536 qdisc noqueue state UNKNOWN
    link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
    inet 127.0.0.1/8 scope host lo ←ループバックアドレス
       valid_lft forever preferred_lft forever
    inet6 ::1/128 scope host
       valid_lft forever preferred_lft forever
2: enp4s0: <NO-CARRIER,BROADCAST,MULTICAST,UP> mtu 1500 qdisc pfifo_fast state DOWN qlen 1000
    link/ether bc:ee:7b:5f:e3:c1 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
3: enp1s0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc pfifo_fast state UP qlen 1000
    link/ether 00:1b:21:61:aa:56 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff ←MACアドレス
    inet 192.168.0.104/24 brd 192.168.0.255 scope global enp1s0 ←IPアドレスとブロードキャストアドレス
       valid_lft forever preferred_lft forever
    inet6 2408:210:9606:6100:21b:21ff:fe61:aa56/64 scope global dynamic
       valid_lft 14312sec preferred_lft 12512sec
    inet6 fe80::21b:21ff:fe61:aa56/64 scope link
       valid_lft forever preferred_lft forever

ルーティングテーブルの確認

 RHEL 6までは『route』で確認していました。

# ip route
default via 192.168.0.1 dev enp1s0  proto static  metric 100
192.168.0.0/24 dev enp1s0  proto kernel  scope link  src 192.168.0.104  metric 100

ARPテーブルの確認

 RHEL 6までは『arp -a』で確認していました。

# ip neigh
fe80::3ae0:8eff:fe19:5328 dev enp1s0 lladdr 38:e0:8e:19:53:28 router STALE
192.168.0.101 dev enp1s0 lladdr 00:1b:21:59:59:f4 REACHABLE

インタフェース毎のパケットの確認

# ip -s l
1: lo: <LOOPBACK,UP,LOWER_UP> mtu 65536 qdisc noqueue state UNKNOWN mode DEFAULT
    link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
    RX: bytes  packets  errors  dropped overrun mcast
    1268       14       0       0       0       0
    TX: bytes  packets  errors  dropped carrier collsns
    1268       14       0       0       0       0
2: enp4s0: <NO-CARRIER,BROADCAST,MULTICAST,UP> mtu 1500 qdisc pfifo_fast state DOWN mode DEFAULT qlen 1000
    link/ether bc:ee:7b:5f:e3:c1 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
    RX: bytes  packets  errors  dropped overrun mcast
    0          0        0       0       0       0
    TX: bytes  packets  errors  dropped carrier collsns
    0          0        0       0       0       0
3: enp1s0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc pfifo_fast state UP mode DEFAULT qlen 1000
    link/ether 00:1b:21:61:aa:56 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
    RX: bytes  packets  errors  dropped overrun mcast
    199796     1661     0       5       0       42
    TX: bytes  packets  errors  dropped carrier collsns
    174635     1129     0       0       0       0

TCPソケットの状態確認

# ss -ant
State      Recv-Q Send-Q                  Local Address:Port                    Peer Address:Port
LISTEN     0      128                                 *:22                                 *:*
LISTEN     0      100                         127.0.0.1:25                                 *:*
ESTAB      0      0                       192.168.0.104:22                     192.168.0.101:51119
ESTAB      0      0                       192.168.0.104:22                     192.168.0.101:51129
LISTEN     0      128                                :::22                                :::*
LISTEN     0      100                               ::1:25                                :::*

UDPソケットの状態確認

# ss -anu
State      Recv-Q Send-Q                  Local Address:Port                    Peer Address:Port

プロフィール

らのっち

損害保険会社のIT企画部に勤務するSEです。OSSを勉強中です。

<所属>
日本PostgreSQLユーザ会とくしまOSS普及協議会


第000414号