rpmでパッケージをインストールする際に実行されるスクリプトを事前に確認

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

rpmでパッケージをインストールする際に、インストール前後で事前に定義されたスクリプトが自動で実行される(ことが多い)。

この実行されるスクリプトを事前に確認したい場合は、rpmに以下のオプションを付けて実行する。
以下の例はRed Hat Enterprise Linux 5.5にApacheをインストールするケース。

# rpm -qp --scripts httpd-2.2.3-45.el5.x86_64.rpm
警告: httpd-2.2.3-45.el5.x86_64.rpm: ヘッダ V3 DSA signature: NOKEY, key ID 37017186
preinstall scriptlet (using /bin/sh):
# Add the "apache" user
/usr/sbin/useradd -c "Apache" -u 48 \
-s /sbin/nologin -r -d /var/www apache 2> /dev/null || :
postinstall scriptlet (using /bin/sh):
# Register the httpd service
/sbin/chkconfig --add httpd
preuninstall scriptlet (using /bin/sh):
if [ $1 = 0 ]; then
/sbin/service httpd stop > /dev/null 2>&1
/sbin/chkconfig --del httpd
fi

preinstall scriptletがインストール前に実行されるスクリプトで、
postinstall scriptletがインストール後に実行されるスクリプト。