Windowsで空き領域上のデータ消去

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

Windows XP Professionalで『空き領域』上のデータを消去する方法。

空き領域上に0を書き込んで、1を書き込んで、乱数データを書き込んで過去に論理削除したデータをサルベージできないようにするときに役立つかな。
例えば古いパソコンをヤフオクで売るときとか。

コマンド プロンプトを開いて以下のコマンドを実行。

cipher /w:c:\

「c:\」の部分はWindowsのCドライブという意味。Dドライブなら「d:\」を指定する。

これはあくまで「空き領域」に対してのみ行われるので、これをやったからと言ってハードディスクを完全に消去できるわけではない。
でもWindowsの機能だけでできるのでお手軽。

ちなみにWindows XP Home Editionではこのコマンドは同梱されていない。
でもWindows XP Professionalの「C:\WINDOWS\system32\cipher.exe」ファイルをコピーして適当な場所に置いて実行すれば問題なく動くことを確認。