トップページ > Fedora Core 5 > イントラネット サーバ構築 > プライマリサーバ > Webalizer

Fedora Core 5
イントラネット サーバ構築

プライマリサーバ

Webalizer

解説

 HTTPサーバ(Webサーバ)を公開すると、いろいろな人がウェブサイトを 訪れるようになります。するとどのページに人気があるのか、 一日何人の人が見ているのか、どの時間帯に最も利用されているのかなど、 その利用状況が気になるところです。 これらの情報はHTTPサーバのアクセスログに記録されているので、 ログを適切に解析することで様々な項目の利用統計情報を確認することができます。 これらの統計情報は現状を把握する上でも、 ウェブサイトを更新する際の方針を検討する上でも、 大変有用なので定期的に確認することをお勧めします。

対応バージョン

 webalizer-2.01_10-29.2.1(Fedora Core 5標準)

インストール

 Webalizerに必要なパッケージを3つインストールします。 DVDドライブにFedora Core 5のDVD-ROMをセットし、以下のコマンドを実行します。
# mount /media/cdrom
# cd /media/cdrom/Fedora/RPMS
# rpm -ihv libXpm-3.5.4.2-2.2.i386.rpm
準備中...                   ########################################### [100%]
   1:libXpm                 ########################################### [100%]
# rpm -ihv gd-2.0.33-6.2.i386.rpm
準備中...                   ########################################### [100%]
   1:gd                     ########################################### [100%]
# rpm -ihv webalizer-2.01_10-29.2.1.i386.rpm
準備中...                   ########################################### [100%]
   1:webalizer              ########################################### [100%]
# cd /
# umount /media/cdrom

設定

 Webalizerの設定ではApacheの設定ファイルと Webalizerの設定ファイル両方を編集します。 Apacheの設定ではWebalizer用の情報公開ディレクトリの指定と アクセス許可ホストの設定を行います。 Webalizerの設定ではApacheのアクセスログの名称や 解析データ出力用のディレクトリを指定します。

(1) Apacheの設定

 viエディタで設定ファイル(webalizer.conf)を開き、設定を変更します。
# cd /etc/httpd/conf.d/
# vi webalizer.conf
ファイル(/etc/httpd/conf.d/webalizer.conf)
※該当箇所に追加※
Alias /usage /var/www/usage

<Location /usage>
    Order deny,allow
    Deny from all
    Allow from 127.0.0.1
    Allow from 192.168.0 ←この行を追加
    Allow from ::1
    # Allow from .example.com
</Location>
 設定ファイルを変更したらApacheの設定ファイルをリロードします。
# /etc/rc.d/init.d/httpd reload
httpd を再読み込み中:                                      [  OK  ]

(2) Webalizerの設定

 Apacheのアクセスログファイル名や解析情報の出力先ディレクトリを 変更していなければ特に設定変更は不要です。