トップページ > Fedora Core 5 > イントラネット サーバ構築 > プライマリサーバ > SSHサーバ

Fedora Core 5
イントラネット サーバ構築

プライマリサーバ

SSHサーバ

解説

 リモート接続のサービスとしてはtelnetが有名ですが、 近年はセキュリティ上の問題から、通信データが暗号化される SSHが主に使用されるようになりました。 Fedora Core 5ではSSHサーバアプリケーションとして OpenSSHが準備されています。 OpenSSHはTCP Wrapperのアクセス制御機能を使用しています。 TCP Wrapperの設定時に全アクセス拒否に設定してありますので、 OpenSSHに対するアクセス許可設定を追加します。 アクセス許可の対象はサーバと同一サブネット内のホストのみとします。

対応バージョン

 openssh-4.3p2-4(Fedora Core 5標準)
 openssh-server-4.3p2-4(Fedora Core 5標準)

インストール

 追加インストールは不要です。

設定

 ここではサーバと同一サブネット(192.168.0.0/24)内のホストから sshdに対するアクセス許可の設定を追加します。

(1) アクセス制御の許可設定

 viエディタでアクセス許可の設定ファイル(hosts.allow)を開き、設定を追加します。
# cd /etc/
# vi hosts.allow
ファイル(/etc/hosts.allow)
※ファイルの末尾に追加※
sshd : 192.168.0. ←この行を追加
 設定変更後は特に再起動等は必要ありません。