トップページ > Fedora Core 5 > イントラネット サーバ構築 > プライマリサーバ > Sambaサーバ

Fedora Core 5
イントラネット サーバ構築

プライマリサーバ

Sambaサーバ

解説

 イントラネットサーバで最も利用頻度が高いのが ファイルサーバの機能かと思います。 SambaはLinuxサーバのディスク領域を使用して Windows上からデータを参照・保存できるようなサービスを提供します。 これによってイントラネット内のユーザがファイルを共有することができます。

対応バージョン

 samba-3.0.21b-2(Fedora Core 5標準)
 samba-common-3.0.21b-2(Fedora Core 5標準)

インストール

 Sambaサーバに必要なパッケージを3つインストールします。 DVDドライブにFedora Core 5のDVD-ROMをセットし、以下のコマンドを実行します。
# mount /media/cdrom
# cd /media/cdrom/Fedora/RPMS
# rpm -ihv cups-libs-1.1.23-30.2.i386.rpm
準備中...                   ########################################### [100%]
   1:cups-libs              ########################################### [100%]
# rpm -ihv samba-common-3.0.21b-2.i386.rpm
準備中...                   ########################################### [100%]
   1:samba-common           ########################################### [100%]
# rpm -ihv samba-3.0.21b-2.i386.rpm
準備中...                   ########################################### [100%]
   1:samba                  ########################################### [100%]
# cd /
# umount /media/cdrom

設定

 Sambaでは利用制限をかけて特定のユーザにしか利用を許可しないことも可能ですが、 ここでは特に制限をかけず、イントラネット内のユーザであれば誰でも自由に ファイルの読み書きをできるような設定を行います。

(1) 公開用ディレクトリの作成

 /home以下に公開用のディレクトリshareを新規に作成し、 全ユーザから利用可能な設定とします。
# cd /home/
# mkdir share
# chmod 777 share

(2) Sambaサーバの設定

 初期状態で設定ファイルが存在しますが、 コメントが多く見通しが悪いので、新規に設定ファイルを作成します。 元々存在していた設定ファイルは事前にバックアップしておきます。
# cd /etc/samba/
# mv smb.conf smb.conf.bk
# touch smb.conf
# vi smb.conf
ファイル(/etc/samba/smb.conf)
[global]
   security = share
   unix charset = eucjp-ms
   dos charset = CP932
   display charset = CP932
   workgroup = WORKGROUP

[public]
   path = /home/share
   writable = yes
   guest ok = yes
   guest only = yes

(3) Sambaサーバの起動ランレベル変更

 OSの起動に併せてデーモンを自動起動する設定に変更します。
# chkconfig smb on
 以上で設定が終了しましたのでrcスクリプトを使用してデーモンを起動します。
# /etc/rc.d/init.d/smb start
SMB サービスを起動中:                                      [  OK  ]
NMB サービスを起動中:                                      [  OK  ]