トップページ > Fedora Core 5 > イントラネット サーバ構築 > プライマリサーバ > POP3/IMAP4サーバ

Fedora Core 5
イントラネット サーバ構築

プライマリサーバ

POP3/IMAP4サーバ

解説

 Eメールを送信する機能を持つSMTPサーバに引き続き、 受信する機能を持つPOP3/IMAP4サーバを構築します。 POP3/IMAP4サーバはドメイン内のメールサーバに届けられたメールを Outlook Expressなどのメーラから読むために必要なサービスを提供します。

対応バージョン

 dovecot-1.0-0.beta2.7(Fedora Core 5標準)
 perl-DBI-1.50-2.2(Fedora Core 5標準)
 mysql-5.0.18-2.1(Fedora Core 5標準)

インストール

 POP3/IMAP4サーバに必要なパッケージを4つインストールします。 DVDドライブにFedora Core 5のDVD-ROMをセットし、以下のコマンドを実行します。
# mount /media/cdrom
# cd /media/cdrom/Fedora/RPMS
# rpm -ihv postgresql-libs-8.1.3-1.i386.rpm
準備中...                   ########################################### [100%]
   1:postgresql-libs        ########################################### [100%]
# rpm -ihv perl-DBI-1.50-2.2.i386.rpm
準備中...                   ########################################### [100%]
   1:perl-DBI               ########################################### [100%]
# rpm -ihv mysql-5.0.18-2.1.i386.rpm
準備中...                   ########################################### [100%]
   1:mysql                  ########################################### [100%]
# rpm -ihv dovecot-1.0-0.beta2.7.i386.rpm
準備中...                   ########################################### [100%]
   1:dovecot                ########################################### [100%]
# cd /
# umount /media/cdrom

設定

 ここではメールを受信するときに使用するプロトコルを設定します。 dovecotは標準でimapとpop3、また、暗号化に対応したimapsやpop3sを サポートしています。しかし現時点でimapsやpop3sを利用する機会が 少ないため、逆にセキュリティを考慮して余分なポートを閉じてしまうために これらのサポートを除外します。

(1) POP3/IMAP4サーバの設定

 viエディタで設定ファイル(dovecot.conf)を開き、設定を変更します。
# cd /etc/
# vi dovecot.conf
ファイル(/etc/dovecot.conf)
※該当箇所のみ変更※
#protocols = imap imaps pop3 pop3s
   ↓変更
protocols = imap pop3 ←#を外して設定を変更

(2) POP3/IMAP4サーバの起動ランレベル変更

 OSの起動に併せてデーモンを自動起動する設定に変更します。
# chkconfig dovecot on
 以上で設定が終了しましたのでrcスクリプトを使用してデーモンを起動します。
# /etc/rc.d/init.d/dovecot start
Dovecot Imap を起動中:                                     [  OK  ]