トップページ > Fedora Core 5 > イントラネット サーバ構築 > プライマリサーバ > HTTPサーバ

Fedora Core 5
イントラネット サーバ構築

プライマリサーバ

HTTPサーバ

解説

 今やPCだけでなく携帯などでも閲覧可能となり、 より利用の機会が広がったウェブサイトですが、 HTTPサーバ(Webサーバ)はこのウェブサイトを 公開するための機能を持っています。 ここで利用するApacheは世界のシェアの約70%を占めており、 現在最も普及しているHTTPサーバソフトウェアです。 Apacheはプログラム1つでいろいろな機能を実現しているのではなく、 HTTPサーバに必要な機能1つ1つをモジュールという個別の プログラムの形で準備しており、必要なものを組み込むことで いろいろな機能をユーザに提供します。

対応バージョン

 httpd-2.2.0-5.1.2(Fedora Core 5標準)
 apr-1.2.2-7.2(Fedora Core 5標準)
 apr-util-1.2.2-4.2(Fedora Core 5標準)

インストール

 DHCPサーバに必要なパッケージを3つインストールします。 DVDドライブにFedora Core 5のDVD-ROMをセットし、以下のコマンドを実行します。
# mount /media/cdrom
# cd /media/cdrom/Fedora/RPMS
# rpm -ihv apr-1.2.2-7.2.i386.rpm
準備中...                   ########################################### [100%]
   1:apr                    ########################################### [100%]
# rpm -ihv apr-util-1.2.2-4.2.i386.rpm
準備中...                   ########################################### [100%]
   1:apr-util               ########################################### [100%]
# rpm -ihv httpd-2.2.0-5.1.2.i386.rpm
準備中...                   ########################################### [100%]
   1:httpd                  ########################################### [100%]
# cd /
# umount /media/cdrom

設定

 ここではApacheの一般的な設定を行います。 基本的にはインストールしただけで何もしなくても動きます。 しかし、初期状態ではユーザに見せたくない情報まで見せてしまうような 設定になっているため、セキュリティ上あまり好ましくありません。 できるだけ不要な機能は利用しない設定とし、 HTTPサーバとしてのセキュリティを向上させます。 なお、一般的にCGIプログラムの利用はニーズが高いため、 公開用ディレクトリのどこへ配置しても実行可能な設定とします。

(1) HTTPサーバの設定

 viエディタで設定ファイル(httpd.conf)を開き、設定を変更します。
# cd /etc/httpd/conf/
# vi httpd.conf
ファイル(/etc/httpd/conf/httpd.conf)
※以下、該当箇所のみ変更※
ServerTokens OS
   ↓変更
ServerTokens Prod
ServerAdmin root@localhost
   ↓変更
ServerAdmin webmaster@ranonet.ne.jp
#ServerName www.example.com:80
   ↓変更
ServerName www.ranonet.ne.jp:80
※コメント行を除外して表示しています※
<Directory "/var/www/html">
    Options Indexes FollowSymLinks
    AllowOverride None
    Order allow,deny
    Allow from all
</Directory>
   ↓変更
<Directory "/var/www/html">
    Options FollowSymLinks ExecCGI ←設定を変更
    AllowOverride None
    Order allow,deny
    Allow from all
    <Limit GET HEAD POST>    ←この行を追加
        Order allow,deny     ←この行を追加
        Allow from all      ←この行を追加
    </Limit>           ←この行を追加
    <LimitExcept GET HEAD POST> ←この行を追加
        Order deny,allow     ←この行を追加
        Deny from all      ←この行を追加
    </LimitExcept>        ←この行を追加
</Directory>
DirectoryIndex index.html index.html.var
   ↓変更
DirectoryIndex welcome.htm index.html index.htm index.cgi
ServerSignature On
   ↓変更
ServerSignature Off
Alias /icons/ "/var/www/icons/"

<Directory "/var/www/icons">
    Options Indexes MultiViews
    AllowOverride None
    Order allow,deny
    Allow from all
</Directory>
      ↓変更
#Alias /icons/ "/var/www/icons/" ←#を付ける
#                 ←#を付ける
#<Directory "/var/www/icons">   ←#を付ける
#    Options Indexes MultiViews  ←#を付ける
#    AllowOverride None      ←#を付ける
#    Order allow,deny       ←#を付ける
#    Allow from all        ←#を付ける
#</Directory>           ←#を付ける
<IfModule mod_dav_fs.c>
    # Location of the WebDAV lock database.
    DAVLockDB /var/lib/dav/lockdb
</IfModule>
   ↓変更
#<IfModule mod_dav_fs.c>      ←#を付ける
    # Location of the WebDAV lock database.
#    DAVLockDB /var/lib/dav/lockdb ←#を付ける
#</IfModule>            ←#を付ける
AddDefaultCharset UTF-8
   ↓変更
AddDefaultCharset off
#AddHandler cgi-script .cgi
   ↓変更
AddHandler cgi-script .cgi

(2) HTTPサーバの起動ランレベル変更

 OSの起動に併せてデーモンを自動起動する設定に変更します。
# chkconfig httpd on
 以上で設定が終了しましたのでrcスクリプトを使用してデーモンを起動します。
# /etc/rc.d/init.d/httpd start
httpd を起動中:                                            [  OK  ]