トップページ > Fedora Core 5 > イントラネット サーバ構築 > プライマリサーバ > FTPサーバ

Fedora Core 5
イントラネット サーバ構築

プライマリサーバ

FTPサーバ

解説

 サーバを構築すると、ウェブサイトのデータを サーバへアップロードするなど、 クライアントPCとの間でファイルを転送する 必要性が出てきます。Sambaサーバなどでもファイルを 転送することができますが、こちらは事前に公開された 専用のディレクトリにしか転送できません。 そこで、サーバ上の任意のディレクトリへファイルを 転送するための仕組みが必要となります。 FTPサーバはクライアントPCとの間でファイルを転送する ためのサービスを提供します。

対応バージョン

 vsftpd-2.0.4-1.2(Fedora Core 5標準)

インストール

 FTPサーバに必要なパッケージを1つインストールします。 DVDドライブにFedora Core 5のDVD-ROMをセットし、以下のコマンドを実行します。
# mount /media/cdrom
# cd /media/cdrom/Fedora/RPMS
# rpm -ihv vsftpd-2.0.4-1.2.i386.rpm
準備中...                   ########################################### [100%]
   1:vsftpd                 ########################################### [100%]
# cd /
# umount /media/cdrom

設定

 ここでは初期状態では無効となっている ファイルのアスキーモードの転送を許可する設定を行います。 また、FTPサーバはTCP Wrapperによるアクセス制御の対象となりますので、 サーバと同一ネットワーク(イントラネット)内からの 利用を許可する設定を追加します。 最後に本来であればあまりお勧めな設定ではないのですが、 初期設定では無効となっているrootユーザでのファイル転送を 許可する設定を行います。必須の設定ではありませんが、 サーバの運用上で必要性を感じる場合は設定してください。

(1) FTPサーバの設定

 viエディタで設定ファイル(vsftpd.conf)を開き、設定を変更します。
# cd /etc/vsftpd/
# vi vsftpd.conf
ファイル(/etc/vsftpd/vsftpd.conf)
※該当箇所のみ変更※
#ascii_upload_enable=YES
#ascii_download_enable=YES
   ↓変更
ascii_upload_enable=YES  ←#を外す
ascii_download_enable=YES ←#を外す

(2) アクセス制御の許可設定

 viエディタでアクセス許可の設定ファイル(hosts.allow)を開き、設定を追加します。
# cd /etc/
# vi hosts.allow
ファイル(/etc/hosts.allow)
※ファイルの末尾に追加※
sshd : 192.168.0.
vsftpd : 192.168.0. ←この行を追加
 設定変更後は特に再起動等は必要ありません。

(3) rootユーザのファイル転送許可設定

 viエディタで設定ファイル(ftpusers)を開き、設定を変更します。
# cd /etc/vsftpd/
# vi ftpusers
ファイル(/etc/vsftpd/ftpusers)
※該当箇所のみ変更※
root
 ↓変更
#root ←#を付ける
 viエディタで設定ファイル(user_list)を開き、設定を変更します。
# cd /etc/vsftpd/
# vi user_list
ファイル(/etc/vsftpd/user_list)
※該当箇所のみ変更※
root
 ↓変更
#root ←#を付ける

(4) FTPサーバの起動ランレベル変更

 OSの起動に併せてデーモンを自動起動する設定に変更します。
# chkconfig vsftpd on
 以上で設定が終了しましたのでrcスクリプトを使用してデーモンを起動します。
# /etc/rc.d/init.d/vsftpd start
Starting vsftpd for vsftpd:                                [  OK  ]