トップページ > Fedora Core 5 > イントラネット サーバ構築 > プライマリサーバ > DHCPサーバ

Fedora Core 5
イントラネット サーバ構築

プライマリサーバ

DHCPサーバ

解説

 サーバやPCをネットワークに接続するためには、 IPアドレスやサブネットマスク、DNSサーバなど いろいろな情報を設定する必要があります。 これらの情報を1台1台設定しても良いのですが、 台数が多いと大変煩雑な作業となってしまいますし、 全設定情報を管理するのも大変です。 DHCPサーバはこれらの情報を自動で設定するためのサービスを提供します。

対応バージョン

 dhcp-3.0.3-26(Fedora Core 5標準)

インストール

 DHCPサーバに必要なパッケージを1つインストールします。 DVDドライブにFedora Core 5のDVD-ROMをセットし、以下のコマンドを実行します。
# mount /media/cdrom
# cd /media/cdrom/Fedora/RPMS
# rpm -ihv dhcp-3.0.3-26.i386.rpm
準備中...                   ########################################### [100%]
   1:dhcp                   ########################################### [100%]
# cd /
# umount /media/cdrom

設定

 ここではクライアントに配布するIPアドレスの範囲やDNSサーバのIPアドレスなど DHCPサーバ全般の設定を行います。設定ファイルは初期状態では何の情報も 設定されていません。ゼロから作成するのは大変なので、 サンプル設定ファイルをコピーして編集して使用します。
 また、LANポートが1つの場合は特に必要ありませんが、 どのインタフェース(LANポート)にDHCPのサービスを提供するかも設定します。

(1) DHCPサーバ(クライアントへ配布する情報)の設定

 サンプル設定ファイルをコピーした後、 viエディタで設定ファイル(dhcpd.conf)を開き、全体的に変更します。
# cd /usr/share/doc/dhcp-3.0.3/
# cp -p dhcpd.conf.sample /etc/dhcpd.conf
cp: `./dhcpd.conf' を上書きしてもよろしいですか(yes/no)? yes ←yesと入力
# cd /etc/
# vi dhcpd.conf
ファイル(/etc/dhcpd.conf)
ddns-update-style interim;
ignore client-updates;

subnet 192.168.0.0 netmask 255.255.255.0 {
        option routers                  192.168.0.1;
        option subnet-mask              255.255.255.0;

        option domain-name              "ranonet.ne.jp";
        option domain-name-servers      192.168.0.11;

        range dynamic-bootp 192.168.0.201 192.168.0.210;
        default-lease-time 21600;
        max-lease-time 43200;
}

(2) サービス提供先インタフェースの設定

 viエディタで設定ファイル(dhcpd)を開き、設定を追加します。
# cd /etc/sysconfig/
# vi dhcpd
ファイル(/etc/sysconfig/dhcpd)
※該当箇所のみ変更※
DHCPDARGS=
   ↓変更
DHCPDARGS=eth0

(3) DHCPサーバの起動ランレベル変更

 OSの起動に併せてデーモンを自動起動する設定に変更します。
# chkconfig dhcpd on
 以上で設定が終了しましたのでrcスクリプトを使用してデーモンを起動します。
# /etc/rc.d/init.d/dhcpd start
dhcpd を起動中:                                            [  OK  ]