トップページ > Fedora Core 4 > イントラネット サーバ冗長化 > TCP Wrapper

Fedora Core 4
イントラネット サーバ冗長化

インストール

 追加インストールは不要です。

設定

 アクセス拒否ホストを定義するファイルを編集します。 ここではTCP Wrapper機能を使用している全てのサービスに対して 全てのホストからのアクセスを拒否します。 viエディタで設定ファイルを開きます。

# vi /etc/hosts.deny[Enter]

ファイル( /etc/hosts.deny )
※ファイルの末尾に追加※
ALL : ALL

 この状態ではTCP Wrapperの機能を使用している全てのサービスが 利用できない状態となっています。 これからの設定で必要なサービスに対してのみアクセスを 許可する設定を行っていきます。