トップページ > Fedora Core 4 > イントラネット サーバ構築 > Sambaサーバ

Fedora Core 4
イントラネット サーバ構築

Sambaサーバ

対象バージョン

samba-3.0.14a-2

インストール

 Sambaサーバに必要なパッケージを2つインストールします。 DVDドライブにFedora Core 4のDVD-ROMをセットします。

# mount /media/cdrom[Enter]
# cd /media/cdrom/Fedora/RPMS[Enter]
# rpm -ihv samba-common-3.0.14a-2.i386.rpm[Enter]
# rpm -ihv samba-3.0.14a-2.i386.rpm[Enter]
# cd /[Enter]
# umount /media/cdrom[Enter]

設定

 ファイルサーバとして公開するディレクトリを作成します。 作成場所については特に制限はありませんが、 /homeディレクトリの下に「share」という名前で作成することにします。 Sambaサーバの設定ファイルは標準で準備されていますが、 内容が複雑なので新規にゼロから作成します。 ここでは全てのパソコンから制限なく使用できる設定とします。

# cd /home[Enter]
# mkdir share[Enter]
# chmod 777 share[Enter]
# cd /etc/samba[Enter]
# mv smb.conf smb.conf.org[Enter]
# touch smb.conf[Enter]
# vi smb.conf

ファイル( /etc/samba/smb.conf )
[global]
        security = share
        unix charset = eucjp-ms
        dos charset = CP932
        display charset = CP932
        workgroup = WORKGROUP

[public]
        path = /home/share
        writable = yes
        guest ok = yes
        guest only = yes

 設定が終わったら、rcスクリプトを使用してSambaサービスを起動します。 続いてランレベルの設定を変更し、次回からの起動を自動起動に設定します。

# /etc/rc.d/init.d/smb start[Enter]
# chkconfig smb on[Enter]