トップページ > Fedora Core 4 > イントラネット サーバ構築 > HTTPサーバ

Fedora Core 4
イントラネット サーバ構築

HTTPサーバ

対象バージョン

httpd-2.0.54-10

インストール

 HTTPサーバに必要なパッケージを3つインストールします。 DVDドライブにFedora Core 4のDVD-ROMをセットします。

# mount /media/cdrom[Enter]
# cd /media/cdrom/Fedora/RPMS[Enter]
# rpm -ihv apr-0.9.6-3.i386.rpm[Enter]
# rpm -ihv apr-util-0.9.6-2.i386.rpm[Enter]
# rpm -ihv httpd-2.0.54-10.i386.rpm[Enter]
# cd /[Enter]
# umount /media/cdrom[Enter]

設定

 HTTPサーバの基本的な設定を行います。 viエディタでApacheの設定ファイルを開きます。

# vi /etc/httpd/conf/httpd.conf[Enter]

ファイル( /etc/httpd/conf/httpd.conf )
※該当箇所のみ変更※
ServerAdmin root@localhost
     ↓変更
ServerAdmin webmaster@ranonet.ne.jp

#ServerName www.example.com:80
     ↓変更
ServerName www.ranonet.ne.jp:80

DirectoryIndex index.html index.html.var
     ↓変更
DirectoryIndex welcome.htm index.html index.htm

AddDefaultCharset UTF-8
     ↓変更
AddDefaultCharset off

 設定が終わったら、rcスクリプトを使用してHTTPサービスを起動します。 続いてランレベルの設定を変更し、次回からの起動を自動起動に設定します。

# /etc/rc.d/init.d/httpd start[Enter]
# chkconfig httpd on[Enter]