トップページ > Fedora Core 4 > イントラネット サーバ構築 > はじめに

Fedora Core 4
イントラネット サーバ構築

はじめに

はじめに

 ここで対象とする構成は、ブロードバンドルータを使用して常時接続している家庭、 もしくはSOHOのLAN環境です。ここに全パソコンから使用できる共有の イントラネットサーバを立ち上げます。 このサーバでは、同一サブネット内のパソコンに ウェブサイトを公開したり、メールを送受信したり、ファイルサーバとして 使用したりします(詳細は後述)。 構築するサーバは1台だけなので、簡単に構築することができます。。 使用するマシンはサーバ専用機種である必要はありません。 余ったパソコンが1台あればそれで十分です。 ノートパソコンでもできるかと思いますが、ここではデスクトップパソコンを 使用していることを前提としています(あまり変わりはないかもしれませんが)。

使用したサーバ

 近いうちに掲載しますが普通の自作パソコンを使用しています。

実現する機能

 実現する機能は以下の表の通りです。 イントラサーバとしての基本的な機能を使用する/しないに関係なく実現します。 ここのテーマとして簡易構成なのでとりあえず動く程度の設定しかしませんので ご了承ください。

#機能説明
1TCP Wrapperアクセス許可・拒否を管理
2SSHサーバリモートログイン機能を提供する
3DHCPサーバクライアントPCのIPアドレスを自動的に割り当てる
4SambaサーバWindowsのファイルサーバとして機能する
5DNSサーバIPアドレスとホスト名を変換する
6SMTPサーバメールの送信・転送を行う
7POP3/IMAP4サーバメールボックスからメールを取り出す
8HTTPサーバウェブサイトを公開する
9FTPサーバネットワーク経由でファイルを転送する

設定概要

 構築するサーバの主な設定項目とその設定例です。 ここでは説明し易くするために具体的な値を入れて説明していますが、 自身の環境に適した値に読み替えて設定してください。 特にドメイン名は自分の好きな名前を取得してから使用してください。

#分類設定項目設定例
1ネットワーク全般ドメイン名ranonet.ne.jp
※できれば別の名前にしてください
2ネットワークアドレス192.168.0.0
3サブネットマスク255.255.255.0
4ワークグループWORKGROUP
5IPアドレスの自動配布範囲192.168.0.201 〜 192.168.0.210
6サーバ1ホスト名svr1
7IPアドレス192.168.0.11
8ホストの別名www , smtp , pop3

 以下は構築するイントラサーバと同一LAN内に設置されている機器の例です。 本手順ではこの想定で話を進めていきます。

#分類設定項目設定例
1ルータ(LAN側)IPアドレス192.168.0.1
2パソコン1ホスト名pc1
3IPアドレス192.168.0.101
4パソコン2ホスト名pc2
5IPアドレス192.168.0.102
6パソコン3ホスト名pc3
7IPアドレス192.168.0.103

前提条件

 ここでサーバを設定するための前提条件は、Fedora Core 4が「最小」構成で インストールされていることです。 サーバですのでセキュリティを考慮して最小構成でインストールし、 必要なパッケージだけを後からインストールします。 インストールの手順は「Fedora Core 4 インストール」を参照してください。

準備するもの

 必要なパッケージをインストールするために、 Fedora Core 4のインストールDVD-ROMを準備してください。 CD-ROMでも配布されているのですが、4枚構成で入れ替えが面倒なので DVD-ROMの方を使用して説明します。
Fedora Core 4のDVD-ROMを入手する方法は主に2通りあります。

 (1) Linux関連の雑誌や書籍を購入し、付録として付ているDVD-ROMを入手する。
 (2) インターネットからDVDイメージファイルをダウンロードしてDVD-Rに焼く。

  ダウンロードサイト一覧
   http://fedora.redhat.com/Download/mirrors.html

(2)では3〜4GBのファイルをダウンロードするため、ブロードバンド環境 でなければ時間がかかりすぎてしまいます。 ちなみにこの手順で使用したのは(2)の方法で入手したDVD-ROM(正確にはDVD-R)です。 なお、ご参考としてはBフレッツの環境では30分以内で十分ダウンロードできました。