トップページ > Fedora Core 4 > イントラネット サーバ構築 > DHCPサーバ

Fedora Core 4
イントラネット サーバ構築

DHCPサーバ

対象バージョン

dhcp-3.0.2-12

インストール

 DHCPサーバに必要なパッケージを1つインストールします。 DVDドライブにFedora Core 4のDVD-ROMをセットします。

# mount /media/cdrom[Enter]
# cd /media/cdrom/Fedora/RPMS[Enter]
# rpm -ihv dhcp-3.0.2-12.i386.rpm[Enter]
# cd /[Enter]
# umount /media/cdrom[Enter]

設定

 DHCPでは設定ファイルのサンプルファイルが準備されていますので、 それをコピーして使用します。ファイルをコピーした後、viエディタで開きます。

# cp -p /usr/share/doc/dhcp-3.0.2/dhcpd.conf.sample /etc/dhcpd.conf[Enter]
# vi /etc/dhcpd.conf[Enter]

 DHCPサーバがクライアントに配布する情報を設定します。

ファイル( /etc/dhcpd.conf )
※該当箇所のみ変更※
        option domain-name              "domain.org";
     ↓変更
        option domain-name              "ranonet.ne.jp";

        option domain-name-servers      192.168.1.1;
     ↓変更
        option domain-name-servers      192.168.0.11;

        range dynamic-bootp 192.168.0.128 192.168.0.254;
     ↓変更
        range dynamic-bootp 192.168.0.201 192.168.0.210;

 続いて別の設定ファイルを編集します。viエディタで設定ファイルを開きます。

# vi /etc/sysconfig/dhcpd[Enter]

ここではDHCPサービスを提供するインタフェース(NIC)を指定します。 LANのインタフェースが1つしかない場合は"eth0"となっているはずです。

ファイル( /etc/sysconfig/dhcpd )
※該当箇所のみ変更※
DHCPDARGS=
     ↓変更
DHCPDARGS=eth0

 設定が終わったら、rcスクリプトを使用してDHCPサービスを起動します。 続いてランレベルの設定を変更し、次回からの起動を自動起動に設定します。

# /etc/rc.d/init.d/dhcpd start[Enter]
# chkconfig dhcpd on[Enter]