トップページ > Fedora Core 4 > イントラネット セキュリティ対策 > はじめに

Fedora Core 4
イントラネット セキュリティ対策

はじめに

はじめに

 サーバを運用していく上で最も注意すべきことの一つとしてセキュリティ対策が挙げられます。 サーバは(基本的に)常時稼働状態で、ユーザにサービスを提供し続けます。 ユーザが常にアクセスできるということは、悪意あるユーザが存在する場合、 常に危険にさらされているということになります。 ここでは「イントラネット サーバ構築」で構築したサーバに セキュリティ対策を施していきます。

前提条件

 ここでサーバに機能追加するための前提条件は、Fedora Core 4が「最小」構成で インストールされ、イントラサーバとして構築されていることです。 設定の手順は「Fedora Core 4 イントラネット サーバ構築」を参照してください。
イントラネット
セキュリティ対策