OSS Fan ~OSSでLinuxサーバ構築~

[an error occurred while processing this directive]作成日: 2009/06/23
[an error occurred while processing this directive]更新日: 2011/02/11

[an error occurred while processing this directive]Linux Tips

[an error occurred while processing this directive]NISサーバ構築

トップページ [an error occurred while processing this directive] > Linux Tips [an error occurred while processing this directive] > NISサーバ構築

解説

 Linuxは標準ではユーザアカウント、ホスト名、サービスなどの情報を 各ホスト毎に保持しています。 Linuxマシンが1台しかない場合は問題ありませんが、複数のマシンがあって これらの情報を共有したい場合にNISサーバがその役割を担ってくれます。 例えばNISサーバを利用すると、どのLinuxマシンにログインするときも 同じユーザIDとパスワードを利用することができます。

インストール

 NISサーバに必要なパッケージを1つインストールします。 DVDドライブにCentOS 5のDVD-ROMをセットし、以下のコマンドを実行します。

# mount /dev/cdrom /media/cdrom
# cd /media/cdrom/CentOS/
# rpm -ihv ypserv-2.19-3.i386.rpm
Preparing...                ########################################### [100%]
   1:ypserv                 ########################################### [100%]
# cd /
# umount /media/cdrom

設定

1.ドメイン名の設定

# cd /etc/sysconfig/
# vi network

ファイル名: /etc/sysconfig/network
※ファイルの末尾に追加※
NISDOMAIN=ranonet.ne.jp

2.NISデータベースの作成

 NISデータベースの作成コマンドを実行するためには NISサーバが起動している必要があります。 そこでまずはNISサーバを起動します。

# /etc/rc.d/init.d/ypserv start
Setting NIS domain name ranonet.ne.jp:                     [  OK  ]
Starting YP server services:                               [  OK  ]

 NISデータベースの作成コマンドを実行します。 パッケージをインストールしただけでは ypinitコマンドにパスが通っていないためフルパスで指定します。

# /usr/lib/yp/ypinit -m

At this point, we have to construct a list of the hosts which will run NIS
servers.  svp001.ranonet.ne.jp is in the list of NIS server hosts.  Please continue to add
the names for the other hosts, one per line.  When you are done with the
list, type a .
        next host to add:  svp001.ranonet.ne.jp
        next host to add:
The current list of NIS servers looks like this:

svp001.ranonet.ne.jp

Is this correct?  [y/n: y]  y
We need a few minutes to build the databases...
Building /var/yp/ranonet.ne.jp/ypservers...
Running /var/yp/Makefile...
gmake[1]: Entering directory `/var/yp/ranonet.ne.jp'
Updating passwd.byname...
Updating passwd.byuid...
Updating group.byname...
Updating group.bygid...
Updating hosts.byname...
Updating hosts.byaddr...
Updating rpc.byname...
Updating rpc.bynumber...
Updating services.byname...
Updating services.byservicename...
Updating netid.byname...
Updating protocols.bynumber...
Updating protocols.byname...
Updating mail.aliases...
gmake[1]: Leaving directory `/var/yp/ranonet.ne.jp'

svp001.ranonet.ne.jp has been set up as a NIS master server.

Now you can run ypinit -s svp001.ranonet.ne.jp on all slave server.

3.NISサーバの起動ランレベル変更

 OSの起動に併せてデーモンを自動起動する設定に変更します。

# chkconfig ypserv on

4.クライアントからパスワード変更するための設定

 NISクライアントからパスワードを変更した際にNISサーバへ 変更を反映させるために yppasswdd サービスを利用します。

OSの起動に併せてデーモンを自動起動する設定に変更します。

# chkconfig yppasswdd on

 以上で設定が終了しましたのでrcスクリプトを使用してデーモンを起動します。

# /etc/rc.d/init.d/yppasswdd start
Starting YP passwd service:                                [  OK  ]

■■■ 当サイトは Internet Explorer 9 と Mozilla Firefox 22 で動作確認済みです。 ■■■