iPhoneの最近のブログ記事

アプリをアップデートするとバグだらけで使い物にならなくなった、機能制限が付いてしまった、など問題が発生することもある。そこで、以下のパスに保存されているファイルをバックアップしておくと、いざというときに旧バージョンのアプリに戻せるので便利。

C:\Users\ユーザ名\Music\iTunes\iTunes Media\Mobile Applications\

iTunesがとってくれるiPhoneのバックアップの保存先は以下のディレクトリ

C:\Users\masashi\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync\Backup\
※我が家ではWindows 7 64bitにて

この下に端末毎にフォルダが作成されてその中にデータが保存される。
ふと気が付くと10GB近くまで肥大化していたので削除した。
削除方法は以下の通り。

(1) iTunesから [編集] - [設定] を選択する。
(2) 「デバイス 環境設定」画面が表示されたら、 [デバイス] を選択する。
(3) [デバイスのバックアップ]から対象を選択して [バックアップを削除] ボタンを押す。
(4) その後「デバイス 環境設定」画面の [OK] ボタンを押すとWindows上から削除される。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちiPhoneカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはZabbixです。

次のカテゴリはシェルです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。