2015年2月アーカイブ

■条件
・OSはCentOS6.4で、起動状態
・仮想マシンのメモリスナップショット →選択する
・静止ゲストファイルシステム →選択しない

上記状態でESXiのスナップショットを取得する。

スナップショットマネージャでスナップショットを取った時点へ移動すると、

・スナップショットを取った時点のOSの状態(起動状態)に戻る
・スナップショットは消えない

さらにスナップショット取得後に仮想マシン設定で仮想ディスク(データストア)を追加して、
その状態からスナップショットを取得した時点に戻すと、追加した仮想データはなくなった。

以上、メモ。

このアーカイブについて

このページには、2015年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年11月です。

次のアーカイブは2015年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。