CentOS 6.2(64bit)にPostgreSQL 9.0をインストール

| コメント(0) | トラックバック(0)

必要なパッケージは以下のサイトからダウンロードする。
http://yum.pgrpms.org/9.0/redhat/rhel-6.2-x86_64/repoview/

ダウンロードしなければならないパッケージファイルは以下の3つ。
(いずれも上記サイトからダウンロードできる)
postgresql90-9.0.8-1PGDG.rhel6.x86_64.rpm
postgresql90-libs-9.0.8-1PGDG.rhel6.x86_64.rpm
postgresql90-server-9.0.8-1PGDG.rhel6.x86_64.rpm

ダウンロードした3つのrpmファイルを/tmp配下に配置して、当該ディレクトリへcdし、下記コマンドを実行する。
# rpm -ihv postgresql90-*
warning: postgresql90-9.0.8-1PGDG.rhel6.x86_64.rpm: Header V4 DSA/SHA1 Signature, key ID 442df0f8: NOKEY
Preparing... ########################################### [100%]
1:postgresql90-libs ########################################### [ 33%]
2:postgresql90 ########################################### [ 67%]
3:postgresql90-server ########################################### [100%]

これでインストールは完了。
特にその他パッケージの依存関係に困ることはなかったが、もし何か前提モジュールがなくて、それがどのパッケージに含まれているか分からない場合は、以下のサイトで検索可能。
http://rpm.pbone.net/
(まぁ、yumを使えば一発だが。。。)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://ossfan.net/mt/mt-tb.cgi/104

コメントする

このブログ記事について

このページは、らのが2012年6月25日 23:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「CentOS 6.2(64bit)を最小インストール後にPerlをインストールする手順」です。

次のブログ記事は「VMware ESXi 4.1 Update 1にUpdate 2のパッチを適用する」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。