VMware ESXi 4.1で構成情報のバックアップ

| コメント(0) | トラックバック(0)

VMware vSphere CLI経由でリモートのPCからVMware ESXiの構成情報をバックアップする。

■手順1
[スタート] - [すべてのプログラム] - [VMware] - [VMware vSphere CLI] - [Command Prompt] を選択してプロンプトを起動する。

■手順2
binディレクトリに移動する。

C:\Program Files (x86)\VMware\VMware vSphere CLI>cd bin

■手順3
構成情報のバックアップコマンド(Perlのスクリプト)を実行する。

C:\Program Files (x86)\VMware\VMware vSphere CLI\bin>vicfg-cfgbackup.pl --server 192.168.0.10 --portnumber 443 --protocol https --username root --password password -s f:\esxi41cfgbackup_20120424
Saving firmware configuration to f:\esxi41cfgbackup_20120424 ...

vicfg-cfgbackup.plのオプションの意味は以下の通り。

--server 192.168.0.10 ・・・ 接続先ESXiのIPアドレス
--portnumber 443 ・・・ 接続する際のポート番号
--protocol https ・・・ 接続する際のプロトコル
--username root ・・・ 接続する際のユーザ
--password password ・・・ 接続する際のパスワード
-s f:\esxi41cfgbackup_20120424 ・・・ 構成情報を保存するファイル。ESXi上ではなく、vSphere CLIを実行しているPC上のファイルを指定する。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://ossfan.net/mt/mt-tb.cgi/100

コメントする

このブログ記事について

このページは、らのが2012年4月24日 12:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Postfixがldap利用をサポートしているかの確認方法」です。

次のブログ記事は「Linuxで利用可能な暗号方式の確認方法」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。