2011年11月アーカイブ

LinuxでLVMの論理ボリュームを作成した後、このボリュームを拡張する方法。
なお、ボリュームグループには必要な空きがある前提で。

ファイルシステムがext3の場合はマウントを解除せずにオンラインでサイズ拡張が可能。

1.まずはVG内のLVOLを拡張する。
 今回はLogVol02を4GB拡張する
--------------------ここから--------------------
# lvextend -L +4G /dev/VolGroup05/LogVol02
Extending logical volume LogVol02 to 10.00 GB
Logical volume LogVol02 successfully resized
# echo $?
0
--------------------ここまで--------------------

2.続いて拡張した論理ボリューム内のファイルシステムを拡張する。
--------------------ここから--------------------
# resize2fs /dev/VolGroup05/LogVol02
resize2fs 1.39 (29-May-2006)
Filesystem at /dev/VolGroup05/LogVol02 is mounted on /data/xxx/arc00; on-line resizing required
Performing an on-line resize of /dev/VolGroup05/LogVol02 to 2621440 (4k) blocks.
The filesystem on /dev/VolGroup05/LogVol02 is now 2621440 blocks long.

# echo $?
0
--------------------ここまで--------------------

論理ボリューム拡張時はvgdisplayコマンドで結果を確認し、
ファイルシステム拡張時はdfで結果を確認する。

LogFormat "%h %l %u %t \"%r\" %>s %b \"%{Referer}i\" \"%{User-Agent}i\"" combined
CustomLog logs/access_log combined

のように設定する。

%{User-Agent}i の「i」はリクエストヘッダを意味する。
なので、リクエストヘッダに含まれる、User-Agentの値をログに記録するという意味になる。

\"%{User-Agent}i\" のように「\"○○○○○\"」となっているのは、ログに出力される際にメッセージを「""」で囲むためである。
「\」はエスケープ文字。

ちなみにRHEL 5.5のApacheではデフォルトでaccess_logにはUser-Agentが出力されるようになっている。

SQL > connect / as sysdba;
接続されました。
SQL インスタンス名 > select * from v$version;

BANNER
--------------------------------------------------------------------------------
Oracle Database 11g Release 11.2.0.2.0 - 64bit Production
PL/SQL Release 11.2.0.2.0 - Production
CORE 11.2.0.2.0 Production
TNS for Linux: Version 11.2.0.2.0 - Production
NLSRTL Version 11.2.0.2.0 - Production

このアーカイブについて

このページには、2011年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年10月です。

次のアーカイブは2012年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。