hostsファイル情報等のキャッシュについて

| コメント(0) | トラックバック(0)

Linuxには nscd というデーモンが存在しており、さまざまなネームサービスに関する情報をキャッシュしている。

これによってパフォーマンスの向上を狙っている様子。

キャッシュの対象としては、例えば、/etc/passwd、/etc/group、/etc/hostsなどが該当する。

nscdデーモンは/etc/passwd、/etc/hostsなど設定ファイルを監視しており、これらファイルが更新されるとキャッシュをフラッシュする。

自前の環境(Red Hat Enterprise Linux 5.5)を見ると、デーモンはインストールされていたが、起動していなかった。

# chkconfig --list nscd
nscd 0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://ossfan.net/mt/mt-tb.cgi/68

コメントする

このブログ記事について

このページは、らのが2011年7月 6日 11:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Red Hat Enterprise Linux同梱のApacheのバージョンについて」です。

次のブログ記事は「パスワードなしでSSHログインする」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。