Red Hat Enterprise Linux同梱のApacheのバージョンについて

| コメント(0) | トラックバック(0)

Red Hat Enterprise Linux 5.6に同梱されているApacheのバージョンを見ると以下のようになっている。

httpd-2.2.3-45

本家The Apache Software Foundationでは既に2.2.19がリリースされているのに、2.2.3は古すぎると思い、Red Hat社に問い合わせてみた。

結果、Red Hatでは本家の2.2.3をベースにして、それ以降パッチの適用や機能追加などはRed Hat社で独自に行っているとのこと。

だから、2.2.3だから単純に古いバージョンを使っているというわけではなく、2.2.3をベースにしてその後(たぶん)45回の改修を積み重ねてきたという意味になる。
45バージョン全てが世に送り出されたわけではないが。

Red Hat Enterprise Linux 6ではより新しい2.2.15をベースにして、2.2.15-9のように独自の改修を行っている。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://ossfan.net/mt/mt-tb.cgi/67

コメントする

このブログ記事について

このページは、らのが2011年7月 2日 03:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「分散ファイルシステムCephの動作OS」です。

次のブログ記事は「hostsファイル情報等のキャッシュについて」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。