2011年4月アーカイブ

rpmでパッケージをインストールする際に、インストール前後で事前に定義されたスクリプトが自動で実行される(ことが多い)。

この実行されるスクリプトを事前に確認したい場合は、rpmに以下のオプションを付けて実行する。
以下の例はRed Hat Enterprise Linux 5.5にApacheをインストールするケース。

# rpm -qp --scripts httpd-2.2.3-45.el5.x86_64.rpm
警告: httpd-2.2.3-45.el5.x86_64.rpm: ヘッダ V3 DSA signature: NOKEY, key ID 37017186
preinstall scriptlet (using /bin/sh):
# Add the "apache" user
/usr/sbin/useradd -c "Apache" -u 48 \
-s /sbin/nologin -r -d /var/www apache 2> /dev/null || :
postinstall scriptlet (using /bin/sh):
# Register the httpd service
/sbin/chkconfig --add httpd
preuninstall scriptlet (using /bin/sh):
if [ $1 = 0 ]; then
/sbin/service httpd stop > /dev/null 2>&1
/sbin/chkconfig --del httpd
fi

preinstall scriptletがインストール前に実行されるスクリプトで、
postinstall scriptletがインストール後に実行されるスクリプト。

Postfixインストール後(main.cfを変更していない状態)にpostconfを実行すると、出力結果がなぜか1行だけ変になる。
何度実行しても同じ結果。
postconf -dでは同じ問題は発生しない。

# postconf
2bounce_notice_recipient = postmaster
access_map_reject_code = 554
address_verify_default_transport = $default_transport
(中略)
milter_helo_macros = {tls_version} {cipher} {cipher_bits} {cert_subject} {cert_issuer}
milter_macro_daemon_name = $myhostname
milter_macro_v = $mail_nampostconf: warning: My hostname skb-tst10 is not a fully qualified name - set myhostname or mydomain in /etc/postfix/main.cf
e $mail_version  ←★この行★
milter_mail_macros = i {auth_type} {auth_authen} {auth_author} {mail_addr}
milter_protocol = 2
milter_rcpt_macros = i {rcpt_addr}
(後略)

一応備忘録として。。。

VMware ESXi 4.1 Update 1 リリース ノート
http://www.vmware.com/jp/support/vsphere4/doc/vsp_esxi41_u1_rel_notes.html#patches

VMware ESXi 4.0 Update 2 リリース ノート
http://www.vmware.com/jp/support/vsphere4/doc/vsp_esxi40_u2_rel_notes.html#patches

VMware ESXi 4.0 Update 1 リリース ノート
http://www.vmware.com/jp/support/vsphere4/doc/vsp_esxi40_u1_rel_notes_ja.html#patches

VMware ESX Server 3.5 Update 5 リリース ノート
http://www.vmware.com/jp/support/vi3/doc/vi3_esx35u5_rel_notes_ja.html#patches

VMware ESX Server 3.5 Update 4 リリース ノート
http://www.vmware.com/jp/support/vi3/doc/vi3_esx35u4_rel_notes_ja.html#patches

■Postfixのパラメータを表示(実際に設定されている値)

# postconf
2bounce_notice_recipient = postmaster
access_map_reject_code = 554
address_verify_default_transport = $default_transport
(後略)

■Postfixのデフォルトパラメータを表示

# postconf -d
2bounce_notice_recipient = postmaster
access_map_reject_code = 554
address_verify_default_transport = $default_transport
(後略)

■Postfixのパラメータに設定されている値のみを表示
 このコマンドだけだとどのパラメータに設定された値か分からない。

# postconf -h
postmaster
554
$default_transport
(後略)

■Postfixのデフォルトパラメータに設定されている値のみを表示

# postconf -d -h
postmaster
554
$default_transport
(後略)

■Postfixでデフォルトから変更されているパラメータのみを表示

# postfix -n
alias_database = hash:/etc/aliases
alias_maps = hash:/etc/aliases
command_directory = /usr/sbin
(後略)

VMware Server 2.0.2インストール後、VMware Server Home Pageにアクセスすると、ユーザIDとパスワードの入力を求められる。

このユーザIDとパスワードはWMwareをインストールしたWindowsへログインするためのユーザIDとパスワードとなる。

つまり、『VMwareのユーザID/パスワード = WindowsのユーザID/パスワード』である。

このアーカイブについて

このページには、2011年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年3月です。

次のアーカイブは2011年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。