Oracle 11gでパスワードの大文字・小文字を区別しない設定

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

■Oracleバージョン
 11.2.0.3.0

■OSバージョン
 Red Hat Enterprise Linux 5.5

■変更前の初期化パラメータ
 sec_case_sensitive_logon = true
 ※パスワードの大文字・小文字を区別する

■変更後の初期化パラメータ
 sec_case_sensitive_logon = false
 ※パスワードの大文字・小文字を区別しない

■目的
 Oracle 11gのデフォルトではパスワードの大文字・小文字を区別するように設定されている。
 これを区別しないように変更する。

■手順
# su - oracle
$ export ORACLE_SID=hoge
$ sqlplus /nolog

SQL*Plus: Release 11.2.0.2.0 Production on 金 4月 6 10:42:01 2012

Copyright (c) 1982, 2010, Oracle. All rights reserved.

SQL > connect / as sysdba
接続されました。
SQL hoge > show parameter sec_case_sensitive_logon

NAME TYPE
------------------------------------ ---------------------------------
VALUE
------------------------------
sec_case_sensitive_logon boolean
TRUE
SQL hoge > alter system set sec_case_sensitive_logon = false scope = both;

システムが変更されました。

SQL hoge > show parameter sec_case_sensitive_logon;

NAME TYPE
------------------------------------ ---------------------------------
VALUE
------------------------------
sec_case_sensitive_logon boolean
FALSE
SQL hoge > exit
Oracle Database 11g Release 11.2.0.2.0 - 64bit Productionとの接続が切断されました。
$ exit