Oracle 11gでオンラインREDOログを再配置する

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

■Oracleバージョン
 11.2.0.3.0

■OSバージョン
 Red Hat Enterprise Linux 5.5

■変更前のオンラインREDOログファイルパス
 /data/oracle/hoge/redo01.log
 /data/oracle/hoge/redo02.log
 /data/oracle/hoge/redo03.log

■変更後のオンラインREDOログファイルパス
 /data/oracle/hoge/red00/redo01.log
 /data/oracle/hoge/red00/redo02.log
 /data/oracle/hoge/red00/redo03.log

■目的
 オンラインREDOログの格納場所を変更する。

■手順
1)SQL*PlusでOracleに接続する
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
# su - oracle
$ export ORACLE_SID=hoge ←インスタンス名
$ sqlplus /nolog

SQL*Plus: Release 11.2.0.2.0 Production on 木 4月 5 16:56:18 2012

Copyright (c) 1982, 2010, Oracle. All rights reserved.

SQL > connect / as sysdba
接続されました。


2)Oracleを停止する
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
SQL hoge > shutdown immediate
データベースがクローズされました。
データベースがディスマウントされました。
ORACLEインスタンスがシャットダウンされました。
SQL hoge > exit
Oracle Database 11g Release 11.2.0.2.0 - 64bit Productionとの接続が切断されました。


3)オンラインREDOログファイルを新しい場所へコピーする
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
$ cd /data/oracle/hoge/
$ cp -piv redo0* /data/oracle/hoge/red00/.


4)OracleをMOUNT状態で起動する
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
$ sqlplus /nolog

SQL*Plus: Release 11.2.0.2.0 Production on 木 4月 5 17:03:02 2012

Copyright (c) 1982, 2010, Oracle. All rights reserved.

SQL > connect / as sysdba
接続されました。
SQL hoge > startup mount
ORACLEインスタンスが起動しました。

Total System Global Area 3423965184 bytes
Fixed Size 2231288 bytes
Variable Size 704644104 bytes
Database Buffers 2701131776 bytes
Redo Buffers 15958016 bytes
データベースがマウントされました。


5)オンラインREDOログファイル名を変更する
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
SQL hoge > alter database rename file '/data/oracle/hoge/redo01.log',
2 '/data/oracle/hoge/redo02.log', '/data/oracle/hoge/redo03.log'
3 to '/data/oracle/hoge/red00/redo01.log',
4 '/data/oracle/hoge/red00/redo02.log', '/data/oracle/hoge/red00/redo03.log';

データベースが変更されました。


6)データベースをオープンする
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
SQL hoge > alter database open;

データベースが変更されました。

SQL hoge > exit