Oracleでシステムパラメータの一覧表を作成する

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

まず以下のとおり、Oracleから必要なデータを抽出する。

# su - oracle
$ export ORACLE_SID=インスタンス名
$ sqlplus /nolog

SQL> connect / as sysdba
SQL> set pagesize 10000
SQL> set linesize 10000
SQL> select NUM||'!'||NAME||'!'||TYPE||'!'||VALUE||'!'||DISPLAY_VALUE||'!'||ISDEFAULT||'!'||ISSES_MODIFIABLE||'!'||ISSYS_MODIFIABLE||'!'||ISINSTANCE_MODIFIABLE||'!'||ISMODIFIED||'!'||ISADJUSTED||'!'||ISDEPRECATED||'!'||ISBASIC||'!'||DESCRIPTION||'!'||UPDATE_COMMENT||'!'||HASH from v$system_parameter;
SQL> exit

この出力結果をコピーし、Windowsのメモ帳などに貼り付ける。
メモ帳の置換機能で、『||'』と『'||』を全て削除する。
置換後にテキストとして保存する。
このテキストファイルをEXCELファイルで開く。
EXCELの[データ]メニューから[区切り位置]を選択する。
区切り文字として『!』を指定する。