OSS Fan ~OSSでLinuxサーバ構築~

作成日: 2013/09/06

OSSでLinuxサーバ構築

Oracle11gR2でバージョンの確認

トップページOSSでLinuxサーバ構築 > Oracle11gR2でバージョンの確認
このエントリーをはてなブックマークに追加

概要

解説

 Oracle 11gR2インストール後にバージョンを確認する方法を紹介します。

サーバ構成

OSバージョン

Red Hat Enterprise Linux 5.9 x86_64

パッケージ一覧

Oracle Database 11g Release 2 (11.2.0.1.0)

手順

(1) SQL*PlusでOracleに接続

 SQL*Plusを使用してローカル接続でSYSDBA権限でOracleインスタンス hoge に接続します。

# su - oracle
$ export ORACLE_SID=hoge ←インスタンス名
$ sqlplus /nolog

SQL*Plus: Release 11.2.0.1.0 Production on Fri Sep 6 00:18:38 2013

Copyright (c) 1982, 2009, Oracle.  All rights reserved.

SQL> connect / as sysdba
Connected.

(2) バージョンを確認

 動的パフォーマンスビューの v$vertion を select して表示します。 インストールされている各機能毎にバージョンが表示されます。 確認が終わったらSQL*Plusを終了します。

SQL> select * from v$version;

BANNER
--------------------------------------------------------------------------------
Oracle Database 11g Release 11.2.0.1.0 - 64bit Production
PL/SQL Release 11.2.0.1.0 - Production
CORE    11.2.0.1.0      Production
TNS for Linux: Version 11.2.0.1.0 - Production
NLSRTL Version 11.2.0.1.0 - Production

SQL> exit
Disconnected from Oracle Database 11g Release 11.2.0.1.0 - 64bit Production

プロフィール

らのっち

損害保険会社のIT企画部に勤務するSEです。OSSを勉強中です。

<所属>
日本PostgreSQLユーザ会とくしまOSS普及協議会


第000414号